考察

今日の考察/イラクが米軍撤退要求なら「過去にない厳しい制裁」「建設に何十億ドル」 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

投稿者:lucymak

以下は、日本の外務省(MOD)の公式英語ソースからのものです。

外務省

日米両国は本日(2003年1月11日木曜日)イラクでの米軍の駐留を終了する協定に署名しました。米国のイラクからの撤退に加えて、合意には、イラクに対するすべての米国の軍事援助に対する「明確で無条件の」終了が含まれています。この協定は、ファルージャとラマディの都市からのイラク政府とすべてのイラク軍の即時撤退も求めています。この協定は、イラクと米軍がイラクを去るまで法的効力を持ちません。この協定は、イラクに対する日本の軍事援助に影響を与えるものではなく、日本とイラクの貿易投資関係にも影響を与えません。日本と米国は、イラクの長期的な安定と国際安全保障の維持に取り組んでいます。この合意は、イラクの軍隊を解体するために2000年9月に米国と日本が始めたプロセスの最初の重要なステップです。米国の主要な目標は、イラクで永続的な平和を達成することでした。 2001年9月11日の米国とニューヨーク市の世界貿易センターへの攻撃の後、米国はイラクからのすべての軍隊を撤退させました。 2002年3月、米国とイラクは、地位協定に関する協定に署名しました。この協定は、イラク駐米米国大使、リチャード・ホルブルック、およびヌリ・カマル・アル・マリキ首相によって署名されました。その代わりに、米国は大量破壊兵器を送らず、イラク政府が軍隊を維持し、運用することを許可することに同意しました。 2002年4月下旬、国際連合イラク特別代表、ロバート・フォードは、合意を含むイラクの「国際社会への統合」の予備報告書を発行した。協定に基づき、イラクは将来、米国の軍事機器および消耗品の購入を許可されます。イラクは、バグダッドの米国大使館とバスラの海兵隊航空基地を維持することを許可され、独自の防衛力、防衛関連事業、および独自の情報サービスを維持することが許可されます。米国政府は引き続きイラクに技術的および財政的支援を継続的に提供し、米国軍と協力してイラクの国境を確保し、イラクの主権と領土の完全性を保護します

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

イラクが米軍撤退要求なら「過去にない厳しい制裁」「建設に何十億ドル」 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by kndynt2099

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です