考察

今日の考察/イラン、事態激化や戦争を求めていないが自衛する=ツイッターで外相 | ワールド | ニュース速報 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

(@J_Meyer経由)

関連動画:

猫と犬

猫と犬、バーバラF.スミス作

以下は、猫に関する本からの抜粋です。本の詳細については、ここをクリックしてください。

犬の猫を初めて聞いたのは、アメリカ獣医協会の会議でのことでした。私は記者と電話で話していましたが、記者と話をしていると、「今夜は猫と犬の討論会があり、猫がいます」という声が聞こえました。

びっくりしました。そのようなことを聞​​いたことはありませんでした。 「誰もがこの猫と犬の議論を見ているのか?それはかなりワイルドだ」

議論の段階で、リップという猫を飼っていました。彼は本当の猫と犬でした。しかし、彼は規則に従うことに信頼できませんでした。彼はいつもそれらを壊すでしょう。

今日の考察/【黒瀬悦成の米国解剖】トランプ氏は本当に負けるのか 再選へ4つのカギ(産経新聞) - Yahoo!ニュースケーシッチ氏の選挙管理者は、トランプ氏は「図々しく嘘をついている」と述べている(ワシントン・エクサミナー) - The Washingt...

リップには非常に大きな頭があり、それは非常に大きいため、椅子に置くことができませんでした。そのため、椅子は床になければなりませんでした。それから、猫を椅子に乗せなければならなかったので、椅子は床にあり、リップはそれを降りることができませんでした。猫に近づく方法がありませんでした。

すると、猫が足を骨折したことがわかりました。足の骨折です。彼は歩くことができませんでした。それはとても大きく、彼は床に横たわることさえできませんでした。

「まあ、それは悪い取引ですが、それは良い取引だ」と思いました。

リップが議論を始めたとき、私はあまり感銘を受けませんでした。私は聴衆の中にいました、そして、我々全員は我々のコンピュータ端末に座っていました、そして、我々は議論が続くのを見ていました。だから私はレポーターに言った、「あなたは知っている、私たちはみんなこの猫と犬の議論を見ているだろう、そして私たちはみんなリップを見るだろう。あなたはこの猫が足を骨折しているのを知っている。とにかく問題があるので、なぜ彼を助けてくれませんか?」

それで私は上に行って、Rippの周りに腕を回して言った、「Ripp、お願い、お願い、お願い、自分を傷つけないでください。彼は傷つけられません」。

猫は言った、「おっ!おっ!おっ!」彼は椅子から降りようとしていました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

イラン、事態激化や戦争を求めていないが自衛する=ツイッターで外相 | ワールド | ニュース速報 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
www.newsweekjapan.jp


Photo by VIVA_Vancouver

今日の考察/大阪都構想可決なら「地名」どうなる?31年前に「ABC」となった町…”悲劇”は回避できるのか|まいどなニュース大阪」という地名は、その地名の由来となっている本州の島にある市の地理的な位置にちなんでつけられたものである。結論から言うと、大阪は港町で...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です