考察

今日の考察/イラン・ミサイルの実力は? 高精度、中東・欧州南部射程 防御固める米軍 – 毎日新聞

私の知る限り、イランのミサイル計画の積極的な開発はありません。しかし、イランの弾道ミサイルは、固体推進剤で武装することができます。これは、速度が速く重量が軽いため、ミサイルに適した推進剤です。 Fajr-5弾道ミサイルは1980年代後半に4,000万ドルのコストで生産され、2,500 kmを超える範囲と600 km / hを超える最高速度を持ちます。

イランがイスラエルやアメリカとの従来の紛争でこのような弾道ミサイルを使用できるかどうかは不明です。 Fajr-5は、1,000 kgのペイロードを運ぶように設計されており、5,000 kmを超える最大高さに達することができます。その積載量は約2,000 kgであり、これは従来の武器の配送に十分であり、弾道ミサイルの積載量を大きく上回ります。ロシアのBUK-M1地対空ミサイルの2,000 kmと比較して、Fajr-5の航続距離は2,500 kmです。

イランは、これらの弾道ミサイルの使用経験が長いが、それらは主に訓練目的に使用されている。

イランは、弾道ミサイル用の少数のミサイルを開発しています。これらの一部は生産に投入されており、一部はまだ使用されていません。そのようなミサイルの1つがRoshanミサイルです。これは4,000 kmの範囲のミサイルであり、敵の検出を回避できる「ステルス」ミサイルです。これは新しいミサイルではありません。イランは1980年代半ばから武器庫にステルスミサイルを搭載しており、現在も使用されています。ただし、Fajr-5よりはるかに正確ではないため、イスラエルはDSSレーダーでそれを検出できます。

Roshanミサイルは2,000 kmのミサイルで、固体の推進剤を使用します。射程は2,000 kmしかなく、弾頭は軽いため、核兵器ではありません。 Roshanミサイルはテストに使用され、テストは2017年半ばまで継続する予定です。

イランは、液体推進剤、地対空ミサイルの実験も行っています。イランのメディアは、その新しいミサイルはNourミサイルと呼ばれ、2,000〜4,000 kmの範囲の空対空ミサイルであると報告しました(私の以前の記事を参照)

今日の考察/東京都で新たに150人の感染確認:東京新聞 TOKYO Web: 東京ウェブリケ 2014.05.13 12:21:44 12-05-2014 津波が東京の海岸線を襲う 今年5月12日の午前2...

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

イラン・ミサイルの実力は? 高精度、中東・欧州南部射程 防御固める米軍 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by avlxyz

今日の考察/社民、分裂へ 立憲合流で離党容認:時事ドットコム憲兵隊、与党連合の分裂にもかかわらず結束を急ぐ 共同 角栄。 首相が提案した内閣案を支持しない 毎日新聞 安倍首相、月曜に新内閣案を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です