考察

今日の考察/ゴーン被告と米イラン対立、注目度増すレバノン 代理戦争に発展も – 毎日新聞

「米国はその発生以来シリアに関与してきた」と彼は言った。 「バランスの取れた見解を持つことは、全員の責任です。」

「我々はイランと戦うつもりはない」と彼は付け加えた。 「シリアを攻撃するつもりはない。イランの同盟国シリアを攻撃するつもりはない。この脅威に立ち向かうために協力するつもりだ」

首相の発言は、核取引が今年初めに達して以来、イランの主要な指導者による最初のものであり、同様の効果があるかもしれません。

イランのアナリストは、訪問がレバノンのイラン支援軍をヒズボラとシリア政府を支援する他のグループを標的とするために勇気づけたかもしれないと言います。

核取引が発効して以来、イランの高官による訪問は最も重要です。

「世界は見ている」

この訪問は、テヘランが平和目的のためだとテヘランの核計画をめぐって米国との緊張が高まる中にある。

イランのイエメンにおけるイスラエルと米国の支援を受けたフーティスの両方に対する政権の戦争の重要な力であるイラン革命警備隊部隊も、レバノンに関与しており、彼らはヒズボラの軍事作戦のための軍事訓練と兵helpingの支援を行ってきました。

今日の考察/10月31日はお月見日和 ハロウィンと満月が重なるのは46年ぶり - ライブドアニュースハロウィンにしては暑すぎる気候になってきましたね。今年の10月31日は氷が溶けるほどの暑さになるそうです。今週末の地域の平均最高気温は9...

イランのハッサン・ロウハニ大統領は、木曜日の国連総会での演説で、イスラム国家が支配的なテロリスト集団である地域で「テロリスト」を支援していると米国を非難した。

ヒズボラの軍事部門であるサイエド・ハサン・ナスララー旅団は、数ヶ月にわたってこの地域で軍事作戦を行ってきました。

水曜日に、シリアの野戦戦闘機は、レバノンのベカー渓谷との国境近くの飛行場を制御したと述べた。ヒズボラの戦闘機は彼らが飛行場を占領するのを助けた、とシリア人権監視機構は述べた。

イランに支援された民兵によって支援されたヒズボラとイランに支援された部隊は、レバノンと国境を接する北部の州、クセアの町周辺で地を得ています。

米国当局は、レバノンおよびシリア周辺でヒズボラが増加していることを懸念していると述べています。

米国国務長官ジョン・ケリーは、木曜日のイスラエル陸軍ラジオとのインタビューで、ヒズボラをイスラエルに対する「重大な脅威」と呼んだ。彼は、ヒズボラの指導者であるハッサン・ナスララがテヘランに旅行しており、彼の訪問はシリアと敵対関係にあるイランと調整されていないと指摘した。

イランとそのレバノン同盟国は、アサド政権と並んで、シリアの広範囲を占領したイスラム教徒の反政府勢力と戦っています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

ゴーン被告と米イラン対立、注目度増すレバノン 代理戦争に発展も – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by jimmywayne

今日の考察/道内の感染者 6日ぶり20人台|NHK 北海道のニュース2017年8月5日 ゥ 北海道での感染者数は、前年比23%増の1万9841人となったとNHKが1日報じた。 北海道の保健省は先月、英...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です