考察

今日の考察/中国 武漢の肺炎 新型ウイルスの可能性否定できず WHO | NHKニュース

「中国政府は、「武漢事件」として知られる呼吸器症候群の原因を特定しました。

「ソースは個人ではなく、蚊によって拡散されたウイルスです。中国政府はソースを確認しています。これはコロナウイルスの一種です。

「保健省は他の確認された症例を認識していません。新しいウイルスは中国で報告されており、原因を特定するために状況を綿密に監視しています。」

「このウイルスは、広東省と広西チワン族自治区、および中国の他の地域で非常に一般的な蚊によって拡散されます。

「省の保健所の政府関係者によると、この新しいウイルスは他の例ほど深刻ではありませんが、それでも非常に深刻です。武漢の感染者は長期にわたる病気にかかっていることが知られています。彼はリスクの高いグループに属していました。

「他のケースもありますが、それらのほとんどは中国の南部地域に限定されています。」

世界保健機関によると、この病気はコロナウイルスによって引き起こされ、蚊によって人々に感染します。多くの人に影響を与える可能性があるのは呼吸器疾患ですが、めったに重篤ではなく、その症状は通常軽度で非特異的です。

病気は一般に軽度であり、症状や長期的な合併症はありません。

中国政府は現在、武漢事件を調査しており、感染者の追跡に取り組んでいます。

今日の考察/衝撃の首里城火災から1年…警察の捜査や関係者の刑事処分はどうなった?(前田恒彦) - 個人 - Yahoo!ニュースカテゴリ。直接ダウンロードしてください。Episode_14.mp3 カテゴリ: 一般 -- posted at. 午後4時52分EDT...

武漢事件は非常にまれであり、科学者はまだ病気の原因を知らない。

WHOは、ウイルスにさらされるリスクが高いと述べています。感染は、血液、汗、唾液、および尿を介して人々の間で伝染する可能性があります。ウイルスは、汚染された表面との接触、および血液または粘膜との直接の接触を通過する可能性があります。

WHOは、ウイルスに感染した人のために中国への旅行を禁止しています。

アウトブレイクは中国の他の地域にも広がっており、医療従事者やウイルスに接触した人々は病院に長く滞在する必要があるかもしれないという懸念があります。

この病気の最初の症例は2014年初めに報告されました。

CDCの職員はアウトブレイクを綿密に監視しており、中国政府と緊密に連携して作業しています。

武漢事件に加えて、山東省を含む他の省や都市で、1人が感染した他の2例が報告されています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

中国 武漢の肺炎 新型ウイルスの可能性否定できず WHO | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by Carol (vanhookc)

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です