考察

今日の考察/ASCII.jp:CES発表のソニー電気自動車、超極秘に進めリーク防いだ (1/2)|CES 2020レポート

CES 2017からのレポートは、今回はCES 2017のレポートとして再び出されます。EVのさまざまな側面に焦点を当てており、CES議長のJeff Bezosが率いるCES 2020委員会によって書かれ、テスラ、メルセデス、テスラモーターゼネラルモーターズ、フォード、BMW、トヨタ。

レポートは3ページのホワイトペーパーの形式を取り、その中にいくつかの興味深い事実といくつかの結論を見ることができます。

1)Elon MuskはCES 2017の真の勝者です

2)CES 2017で最も話題になったのはテスラモーターズ

3)BMWは最高のEVバッテリー技術を備えています

また、EVに関するいくつかの興味深い事実といくつかの結論を見ることができます。主なものは、電気自動車がCES 2017で最も話題になっていることです。これは、電気自動車が初めて登場する年であり、テスラがそのすべてを展示する最初の年であることを考えると、少し驚くべきことです電気SUV。

テスラは、今年のCESの明白な勝者ではありませんが、明確な勝者です。他の多くの企業がテスラと同じ船に乗っていることがわかります。 BMWの電気自動車は、おそらく2番目に議論されているEVであり、注意すべき重要なことです。

これについて興味深いのは、これらの企業の多くがCES 2017を使用して独自の電気自動車を開発していることです。テスラとBMWがこの1年について話し合っているという事実は非常に興味深いものであり、トヨタが自社の電気自動車に多くの時間を費やしているという事実は、これがおそらく最終決定ではなく、おそらく会社の戦略の産物。

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

最後に、トヨタのEVはCES 2017で最も話題になったことがわかります。これはフォードでも同じように思われます。

また、GMの場合、会社は独自の電気自動車を作成することに興味がないようであり、それができない理由なのか、それとも真実ではないのかは明確ではありませんテスラのライバルであるため、この分野に投資する価値はありません。

結論として、CES 2017は良いショーであり、今後2年間にCES委員会が収集した情報は非常に重要です。

ピューリサーチセンターが発表した調査によれば、クリスマスの日に最も危険な場所は米国です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

ASCII.jp:CES発表のソニー電気自動車、超極秘に進めリーク防いだ (1/2)|CES 2020レポート
ascii.jp


Photo by Mecklenburg County

今日の考察/オーストラリア海軍が参加へ、日米印の共同訓練「マラバール」 - Bloomberg政府によると、日本の海上自衛隊は6月5日から13日までの2週間、「マラバー」と呼ばれる日米印合同演習に参加するという。 2週間の演習に...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です