考察

今日の考察/中国の肺炎、新種コロナウイルスか…専門家は冷静な対応呼びかけ : 医療・健康 : 読売新聞オンライン

この病気は2009年10月に軽度の肺炎として始まりましたが、現在は中国全土のいくつかの都市に広がっており、日本が「夏の観光シーズン」に入ると来日者が増えた結果と考えられています。

汚染された食物によって広がる新しい呼吸器疾患の原因はまだ特定されていません。しかし、多くの保健当局および専門家は、犯人は中国の新しいタイプのコロナウイルスであると考えています。

これは中国を襲った最初のコロナウイルスではありません。過去6年間に2つありました。それらは、SARSウイルスとH7N9であり、中国のいくつかの深刻な病気に関連している鳥インフルエンザの株です。

保健省によると、中国の新しいウイルス性疾患は、感染した家禽によってヒトに感染したH7N9株に類似しています。中国政府が2010年9月に新しいH7N9に似た病気が流行していることを発表して以来、その株は流通し続けています。

言い換えれば、中国の冬の観光シーズンが到来しています。しかし、日本の誰もがニュースを真剣に受け止めているわけではありません。

日本政府が観光客の健康を守るためにあらゆる努力をしているにもかかわらず、東京証券取引所はすでに中国での新たな病気が長期的な財政問題を意味する可能性があると警告している。

新しいウイルスをきっかけに日本で最も有名な人の一人は、安倍首相です。首相は被災地を訪問しており、現在保健大臣に電話で話している。中国国営メディアによると、安倍首相は中国の李克強首相と「国の健康状況に関する非常に深刻なメッセージ」を求めた。

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

首相は、この病気に直面して政府に「この病気の封じ込めと撲滅に直ちに取り組む」ことと、「公衆衛生を守るための首相の努力を評価すること」を求めた。

しかし、ウイルスの影響で、PMのオフィスは、日本政府が世界で最も高い健康基準を持っていると言うように彼のオフィスから圧力を受けたという報告もあります。

確かに、首相官邸はまだ何も公表していない

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

中国の肺炎、新種コロナウイルスか…専門家は冷静な対応呼びかけ : 医療・健康 : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by Bird Brian

今日の考察/菅首相、解散を探る「神経戦」 来年なら…4月? 7月? 9月? - 毎日新聞脚光を浴びることでも知られる首相は、自分の計画を国民に知られないようにしておくことを決意している。 "私は何も発表するつもりはない "...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です