考察

今日の考察/「とんでもない遺族への冒涜・侮辱」。雨宮処凛さんが語る、傍聴席で見た植松聖被告の姿とは。 | ハフポスト

植松は、スピーチをやめた「手に負えない」生徒は、「生徒の気持ちを傷つける」「学校の生徒のようだ」と言う。彼は、「誤解」は大学の「悪い振る舞い」によるものだと言います。植松氏は、政権は「良い解決策を考え出した」と言う。彼は、大学には「偉大な未来」があり、「将来、自分自身を改善し続けることができるだろう」と言います。彼は、「ハラスメントや脅迫のない環境ですべての学生が教育と仕事を楽しむことができるように、大学は引き続き「働きがいのある場所」であることを「確信している」と付け加えています。彼は「私は何も悪いことをしたことは一度もなかった」と言った。彼は、「自分の行動に深く申し訳ありません。」と言います。

植松は、「私の経験を生徒たちと共有したかっただけだ」と言っています。彼は、「私は彼らを信じていなかったと学生たちに感じさせることができなかった」と付け加えた。彼は、生徒たちが「私が彼らに害を与えるつもりはないことを理解するだろう」と願っていると言います。彼は「学生の気持ちを傷つけて申し訳ありません」と付け加えています。

植松は、生徒たちは彼にとても「いらいらしていた」ので、二度目の停車で止めなければならなかったと言います。

植松氏は、「暴力に対して発言したことも、私のスピーチのいずれにおいても暴力を使用したことは一度もない」と述べています。彼は、彼が学生だったとき、彼は「非常に内気で、あまり社会的スキルを持っていなかった」と言います。彼は、「もし私に機会があれば」暴力に反対することは言わなかったと付け加えた。植松氏は、「普通の人間であることと教授になることのバランスを常にとろうとした」が、「暴力に反対したことは一度もなかった」と語る。

植松は、生徒たちが「私に耳を傾ける」と彼の「物語」に耳を傾けることに驚いたと言います。彼は、生徒たちにこの件に関して「できる限り話さなかった」ことを後悔していると言います。

植松は、「長年にわたって」憎悪のメールを受け取っていたと言います。彼はそれで問題がなかったと言います。植松は、事件について「私が話した方法」や「聞きたくない学生に対処した方法」を後悔していないと言います

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「とんでもない遺族への冒涜・侮辱」。雨宮処凛さんが語る、傍聴席で見た植松聖被告の姿とは。 | ハフポスト
www.huffingtonpost.jp


Photo by aasenhistorie.no

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です