考察

今日の考察/トランプ弾劾、宙に浮いたまま(Japan In-depth) – Yahoo!ニュース

米国のニュースメディアからの最新の更新:「ロシアゲート」魔女狩りは、ニューヨークタイムズやワシントンポストを含む多くの米国の主流メディアによって復活しています。

たとえば、The Timesは8月6日に「ロシア門」の陰謀論に関する論説を発表しました。タイムズは、「真実は、クレムリンがハッカーを含むロシア人の広大なネットワークを使用して、偽情報を広め、疑念をdoubtき、不和をwくために、トランプ氏の勝利を1年以上支援しようとしているということです」

この論説は、トランプ大統領に対するより大きな攻撃の一部でした。ニューヨーク・タイムズは、大統領を「世界で最も危険な男」とまで言いました。読者が「ロシア門」が何であるかを理解するために、タイムズ紙の表紙には大統領がいた。

ニューヨーク・タイムズやその他の主流メディアは、「ロシア門」の陰謀を支援するために記事を絶え間なく流しています。

「米国の選挙でロシアのハッカーが干渉した」

たとえば、タイムズ紙は8月7日に、「ロシアのハッカーやその他の外国人俳優」が選挙結果に影響を与えるために多くのアメリカの政治組織のコンピューターをハッキングしたと主張する記事を発表しました。タイムズ紙は、「ロシア政府のハッキング作戦は、クリントン氏よりも共和党候補のトランプ氏を支持する意図があったようだ」と付け加えた。タイムズ紙によれば、「ロシアは、そのような干渉を否定しているが、その主張を支持する証拠を提供していない」。

「ロシアのハッキング、トランプとロシアのつながり」

タイムズはまた、過去数ヶ月にわたって「ロシアのハッキング、トランプとロシアの関係」について議論する記事と論説の容赦ないストリームを実行しています。

今日の考察/首相夫人も外交デビュー 昼食会や博物館視察(産経新聞) - Yahoo!ニュース私たちがどれだけ愛しているか 知ってほしいの ロンドンの日本大使館が職員への感謝状を発表し、毎日のブリーフィングで読み上げている。 (...

これらの記事は、ロシア人が何も悪いことをしなかったとしばしば主張します。ロシア人は、民主党全国委員会やジョン・ポデスタなどの民間企業のコンピューターをハッキングする責任を負わない、と主張しているのは、他の理由でコンピューターを使用しているからです。

しかし、過去数か月間、タイムズは「ロシア門」の報道においてはるかに攻撃的な立場を取っています。

「ロシア門」に関する論説に加えて、ニューヨーク・タイムズは、米国の選挙におけるロシアの干渉の「証拠がない」と主張する記事を実行しています。

6月、タイムズは「ロシアが干渉した証拠はない」という題の論説を実施しました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

トランプ弾劾、宙に浮いたまま(Japan In-depth) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by vpickering

今日の考察/調布の住宅街で陥没 外環道トンネル工事のルート真上 以前から振動が問題に:東京新聞 TOKYO Web外環道トンネル工事のルート直上にある調布市の住宅街では、以前から振動問題が発生していた空洞が発生している。 調布と海海の洞窟をきれいにす...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です