考察

今日の考察/不急の110番、全体の2割…「家の中にゴキブリ」お門違いも : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

「ゴキブリ」という言葉は、日本語では「小さなゴキブリ」を意味します。

日本語の「ゴキブリ」は、「スカベンジャー」を示すためにも使用されます。

「スカベンジャー」は「スクラップ」も意味します。日本語:ニュース:日本国人

これは、「ゴキブリ」を意味する日本語のバリエーションです。

日本語:ニュース:日本国人

米国教育省はスタンフォード大学に280万ドルを授与し、先週発表された文書によると、貧困に「閉じ込められている」または「危険にさらされている」と感じる子どもたちのニーズに応えるプログラムを開発しました。スタンフォード大学のプログラムは、大学生がホームレスの若者と関わり続けることを可能にし、これらの若者を「有意義で力のあるコミュニティで」帰属意識で「再関与」させることを目標としています。

このプログラムを開発するために、大学は2年間で480万ドルを支出します。これには、連邦政府の少年司法および非行防止局からの210万ドルが含まれます。残りの560万ドルは、スタンフォード自身の寄付によりもたらされます。すべてが計画どおりに進んだ場合、学生は今後2年間で2つの夏季インターンシップに参加します。プログラムのアウトリーチサービスを支援するために地元の高校に旅行します。

今日の考察/韓国済州道知事「福島汚染水放流すれば韓日の法廷に訴訟提起する」(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース15時50分:日本の新しい映像。 原子力発電、日本の「核爆弾」。 3:42pm: 日本の原子力監視委員長は、災害を封じ込めることは可能...

これは、米国の大学が米国でホームレスに対処しようとする初めての試みであり、大学の20年の歴史におけるそのようなイニシアチブでの最初の主要な取り組みです。この取り組みは、2014年の夏にスタンフォード大学で開始された同様のプログラムに従います。

このプログラムは当初、8か月のプログラムを対象としていましたが、ドキュメントによると、スタンフォードプログラムはおそらく2年間のプロジェクトになるでしょう。このプログラムは、スタンフォード大学の子供、若者、家族のための優秀センターによって開発されています。

学科の記録によると、このプログラムは「学校を中退するリスクがある」生徒、つまり学科が定義する「ホームレスになるリスクがある」生徒の学校維持率の改善に焦点を当てます。

スタンフォードのエコノミストでホームレスの若者の専門家であるウィリアム・D・サリバン博士は、次のように述べています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

不急の110番、全体の2割…「家の中にゴキブリ」お門違いも : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by infomatique

今日の考察/社民、分裂へ 立憲合流で離党容認:時事ドットコム憲兵隊、与党連合の分裂にもかかわらず結束を急ぐ 共同 角栄。 首相が提案した内閣案を支持しない 毎日新聞 安倍首相、月曜に新内閣案を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です