考察

今日の考察/合流、最大9月まで先送り 国民・玉木氏、枝野氏に提案―解散観測後退で:時事ドットコム

最終的に、このラウンドの結果は明確だと思いますが、9月以降に結果が出るかどうかはまだわかりません。私たちが直面している問題は、すべての主要政党が合意に達していないことです。政府は改革案を支持しているが、野党は、野党が次の選挙に勝つことができる環境を作るために、現状の劇的な変化を推進している。さらに、私たちのチャンスは減っていると思います。物事がそのまま続く場合、政府はそれらを抑えることができなくなります。事態が悪化し続ければ、野党は劇的な変化を起こすことで政府を打ち負かすことができ、新しい総選挙を行う以外に選択肢はありません。

問題は、すべての当事者が独自のアジェンダと戦略を持っていることです。そして、私は彼らが一緒に働く可能性が高いとは思わない。

反対派がどうなっているかはわかりません。私たちはそれにどのようにアプローチするかに注意しなければならないので、野党の戦術にあまり集中するべきではないと思います。むしろ、野党と協力して、私たちが良い雰囲気を持ち、システムを強化する上で進歩を遂げることを確認することによって、合理的な妥協点を見つけることができると思います。

私たちは何をしているのか、どのようにやっているのかに注意する必要があります。私たちが好きなようにすべてをするという立場から始めようとすると、深刻な政治的問題を抱えることになります。ただし、多くの良いことを達成するために必要なツールを使用する必要があることに注意する必要があります。

私が言ったように、私たちは多くの分野で協力する必要があります。まず、改革についてオープンな議論が必要です。国民の意思が改革提案に完全に反映されるようにする必要があります。慎重でなければ、国民に新しい政府と新しいシステムを選択する機会を与えるために、新しい選挙を行うしかありません。

第二に、政府は改革提案について話し合う必要があります。なぜなら、政府はこれらの提案について真剣であり、私たちと協力する意思があることを示さなければならないからです。この目的のために話す適切な人がいることを確認する必要があります。

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

第三に、提案について反対派と話す必要もあります。野党は過激派のグループではないので、改革提案について真剣に議論できると思います。改革について一緒に話すことができます

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

合流、最大9月まで先送り 国民・玉木氏、枝野氏に提案―解散観測後退で:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by etanliam

今日の考察/オーストラリア海軍が参加へ、日米印の共同訓練「マラバール」 - Bloomberg政府によると、日本の海上自衛隊は6月5日から13日までの2週間、「マラバー」と呼ばれる日米印合同演習に参加するという。 2週間の演習に...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です