考察

今日の考察/菅氏、違法性認めるも「5年連続記載漏れ」の不自然さ 「桜を見る会」名簿 – 毎日新聞

毎日新聞の長は、かなり異なった解釈をしました。

調査の一環として、編集長の菅芳美は、不足している情報は大規模なスキャンダルではなく、首相官邸の正面玄関の前に桜が植えられていたという事実に気づきました。

事件に関する報告書で、彼は次のように書いた。「桜の問題はスキャンダルに関係のないものである。首相官邸の前に植えられていた。 、そしてスタッフがそれを削除することを決めたので、これはスキャンダルの問題を伴わない事件であり、むしろ、それは5年間続いた問題に関連しています。

「この事件は一度きりの事件ではなく、繰り返し報告される日常的な事件でした。しかし、これは良い例です。編集長が[首相]に手紙を書くことに決めたので、首相が私に応答しなければならなかった状況。」

スガ氏は、2007年9月9日に首相から手紙を受け取り、事件に対する「誠実な謝罪」を表明したと述べた。

彼は、この間、小泉首相が雇った広報会社が工場と工場長について調査を行っていたと述べた。

広報会社は、事件を調査するために首相官邸に雇われていた。

会社は調査の詳細を明らかにしておらず、菅氏は調査の詳細を知る方法がありませんでした。

今日の考察/韓国への言及冷淡に? 菅首相演説「未来志向」消える:時事ドットコム韓国への生ぬるい言及? 菅氏の「未来志向」発言が消える 時事ドットコム女性 時事ドットコム女性 菅氏の未来志向のスピーチでは、日中両...

しかし、菅氏は首相官邸から情報を入手していた。

菅氏は、自分が困難な立場にあると言いました。

彼は首相が応答しなかった場合、問題は報道機関にリークされていただろうと述べた。

彼は、首相自身に手紙を開示するつもりはなかったが、情報漏えいの原因として見られたくないと言った。

菅氏は、情報を漏らした人を見つけることができなかったと言いました。

調査の一環として、編集長の菅芳美は、不足している情報は大規模なスキャンダルではなく、首相官邸の正面玄関の前に桜が植えられていたという事実に気づきました。

事件に関する報告書で、彼は次のように書いた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

菅氏、違法性認めるも「5年連続記載漏れ」の不自然さ 「桜を見る会」名簿 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by manhhai

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です