考察

今日の考察/米国vsイラン戦争回避の出来レース、2つの国が絶対口を出しては言えない本音とは(デイリー新潮) – Yahoo!ニュース

2011年11月29日

イランとの戦争を避けるために進行中のレースでは、2つの国は彼らが言うことを絶対に言うことはできませんが、非常に具体的な方法でそれを言います。これは、本格的な核軍拡競争につながる可能性があるため、危険です。

2つの主要な候補者であるドイツと米国は、イランとの戦争を避ける正当な理由があることを世界に納得させるために一生懸命働いています。彼らは、イランでの将来の戦争は両国にとって災害になると主張しており、それを止めることは非常に費用がかかると主張している。

しかし、最近の分析では、これが完全な真実ではないことが示されています。ドイツと米国の議論は、非常に狭い仮定に基づいています。これらの仮定は、イランとの戦争の結果についてよく知られていない。したがって、両国にイランとの戦争を避ける正当な理由があると言うのは正確ではありません。

イランとの戦争を避けるために、ドイツ外交政策評議会(ZDF)によるこの最近の分析では、より正確な状況が利用可能です。この分析によると、米国にはイランとの戦争を回避する非常に良い理由があります。

ZDF分析の主な結論は2つの仮定に基づいています。最初は、米国がイランとの戦争を避けるすることができないことです。イランとの戦争で、米国はイスラエルと湾岸諸国での同盟国を失うことになるので、これは作ることは非常に難しい決断だろう。二つ目は、イランとの戦争を止めるためにアメリカの軍事態勢についてです。

米国は単に彼らはイランとの戦争を回避するために十分な理由を持っていると言うことができなかったことをこれが意味。米国はイランとの戦争を回避するために十分な理由を持っているが、それはこの操作を行うことができている状況は非常に厳しいされていることと言って良いだろう。

今日の考察/大阪維新の「ニューリーダー」吉村氏、求心力に課題(1/2ページ) - 産経ニュース沖縄の復興 2005年8月現在、東京都、大阪府、日本財団が提案する新たな都市再生プロジェクト「沖縄復興」により、戦前の都市の復興が始ま...

「イランとの戦争を望まないなら」と、ドイツの主要な議論の1つは言った。これは、米国が状況が改善することを望む以外に何もできないからではない。むしろ、米国はイスラエルとパレスチナの紛争を解決する平和的な方法を見つけることを望んでいないので、戦争を避けようとしています。

パレスチナ紛争への平和的な解決策がない場合、米国は紛争に巻き込ますることを余儀なくされる可能性があります。それは米国にとって非常に費用のかかる決定です。

ZDFの分析は、いくつかの非常に特定の事実(イランの現状、およびイランとの戦争の潜在的な結果)に基づいています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

米国vsイラン戦争回避の出来レース、2つの国が絶対口を出しては言えない本音とは(デイリー新潮) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by jean louis mazieres

今日の考察/「何もしなければ不作為で政府は責任」 GoToを見直しに追い込んだ専門家の激論 - 毎日新聞なぜ公開採決をしないのか」-毎日新聞ヒロシ '国民投票を見たい' ~あるこさんの国民投票への視点 疑問は素朴なものです。震災から1年...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です