考察

今日の考察/ウクライナ機墜落、イラン「誤って撃墜」認める : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

ウクライナ軍は木曜日にイランとの国境近くでcrash落したロシアのジェット機を撃downしたと伝えられており、これはシリアのテロとの戦いへのロシアの参加を終わらせる可能性がある事件である。

「ロシアの飛行機はウクライナのパイロットによって撃shotされた。ウクライナの軍のスポークスマンは、ジェットが地対空ミサイルによって撃shotされたと述べた」と国の政府通信社ITAR-Tassは報じた。

「スポークスマンは、飛行機がウクライナの空域に迷い込んでおり、ウクライナ軍はテロ活動に使用されていたために撃militaryしたと述べた」と軍の広報担当者はITAR-Tassに語った。

「ウクライナ空軍は飛行機自体を標的にせず、むしろそれを撃itしようとしていた地上軍を標的にした」とスポークスマンは付け加えた。

伝えられるところによると、飛行機はロシアからイラン国境に向かって飛んでいた。戦闘機は東部のロストフ・ナ・ドヌ地方のフィールドにcrash落した。

「我々の飛行機はコースを外れたロシアの飛行機との接触を失った。ロシアの飛行機はウクライナの飛行機との接触を失った」と同省は言った。

「飛行機はイランとの国境近くのフィールドに落下し、ウクライナの戦闘機が支援に駆けつけた」と同省は述べた。

「飛行機は損傷から回復しつつある」と付け加えた。

飛行機はシリアのイスラム国家グループを爆撃した戦争で荒廃した中東への旅行から戻ってきました。

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

この事件は、ロシアがその航空機がペルシャ湾北部のイランの旅客機を撃shotしたと言った翌日です。

パイロットは安全に駆逐してロシアに戻りましたが、飛行は停止し、乗客の運命は謎のままです。

「ロシア側から飛行機がイラン国境にcrash落したという通知を受け取った。crash落の原因と状況を確認しようとしている」と当局者はITAR-Tassに語った。

「飛行機はイラン国境で下がった」と当局者は言った。

「飛行機は、108人の乗客を乗せたボーイング737型機でした。飛行機はイランのテヘランへ向かう途中でした。」

「飛行機は中東への旅行から帰途にありました」と彼は付け加えた。 「乗客は全員ロシアの観光客です。」

プーチンはcrash落に関する情報を受け取ったときにロシア安全保障理事会の会議に出席していた、と情報筋はITAR-Tassに語った。

プーチン大統領のスポークスマン、ドミトリー・ペスコフは木曜日、ロシア大統領が木曜日の夜遅くに事件について知らされたことを明らかにした

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

ウクライナ機墜落、イラン「誤って撃墜」認める : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by Anthony Crider

今日の考察/【黒瀬悦成の米国解剖】トランプ氏は本当に負けるのか 再選へ4つのカギ(産経新聞) - Yahoo!ニュースケーシッチ氏の選挙管理者は、トランプ氏は「図々しく嘘をついている」と述べている(ワシントン・エクサミナー) - The Washingt...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です