考察

今日の考察/「イラン国民はうんざり」旅客機撃墜でポンペオ米長官批判 – 産経ニュース

e

イラン議会の議長は、米国を「敵対勢力」として非難し、米国とイランの関係が今年「挑戦」するというレックス・ティラーソン国務長官のコメントをきっかけに、「親イラン」政府を求めた。

「米国は近い将来対処するのが難しい敵対勢力です。米国に対処する方法を考えなければなりません」と議会の外交部長であるアリ・ラリジャニは日曜日に語った。

「米国がイランと米国の関係は難しいだろうと言ったのはこれが私たちの人生で初めてです」と彼はテレビ放映されたスピーチで付け加えた。コメントは、米国議会の指導者との非公開の会議で、米国とイランの関係は「挑戦的な」条件であるとティラーソンが火曜日に行った発言に応じて行われました。

「米国に対処する方法を考えなければならない」とラリジャニは言った。

ラリジャニの発言は、トランプ大統領の就任以来、テヘランが米国に対して発言したのは初めてであり、イランが今月ニューヨークの国連総会に出席するかどうかを検討している。多くの国は、イランが中東でのテロに対する支持を主張しているため、会議への出席を許可すべきではないと考えています。

米国に対するベールに包まれた脅威と広く解釈されたコメントは、イランの国連大使ジャワド・ザリフによっても非難されました。彼は、コメントは米国がイランに対する政策を変更する意図がないことを示したと述べました。

今日の考察/2021年の千葉県知事選挙 自民が鈴木大地氏の擁立を見送りへ - ライブドアニュース都知事選の一次投票を告示(その3) - Japan Times 共同 都知事選は権力闘争に発展する可能性が高い - Japan Tim...

「ティラーソン長官の発言が、地域と国際社会を危険な状況に陥れているのではないかと心配している」とザリフは述べた。

コメントは、国会議長のレックス・ティラーソンと国連大使のニッキー・ヘイリーも出席した米国議会指導者との非公開会議で行われました。

会合後、ティラーソンは、米国とイランの関係は今年「挑戦的」になると述べた。

「明らかに、ニューヨークを訪問するためには多くの問題に対処する必要がありますが、非常に困難な訪問になるでしょう」とティラーソンは記者団に語った

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「イラン国民はうんざり」旅客機撃墜でポンペオ米長官批判 – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by Office of Governor Baker

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です