考察

今日の考察/台湾の民意「1国2制度へのノー」明らか 台中関係 焦りは禁物 – 毎日新聞

国の指導者ツァイ・イングウェンは先週、台湾のカウンターパートであるツァイ・イングウェンと会い、この問題に対する国の立場を議論した。 2人の指導者は、台湾と本土が政治的現状を受け入れる2国制度について議論しました。両首脳はまた、一つの中国の解決策の可能性について話しました。台湾の馬英九大統領は、両国の指導者たちに2カ国の解決策を知らせるよう呼びかけ、2カ国の解決策への支持を表明した。

sai英文大統領は、木曜日の夕方、台北で台湾のT英文大統領と会談した。両首脳は、台湾が米国本土での政治的現状を受け入れるという2カ国の解決策について議論した。そして、台湾と本土が島の政治的現状を受け入れる可能性。

この会議は、プレジデンシャルスイートのツァイ大統領の住居で開催され、台北の米国大使館で、台湾のリーダーの参謀長と台湾駐在員事務所のディレクターが出席しました。台湾の大統領は、米国の大統領に会議に感謝し、台湾の米台湾関係への「建設的な」関与に感謝を表明した。

台湾大統領によると、彼女は米国大統領との会話を続けたいとのことです。 「両国がこの方法で違いを解決できるなら、私たちは前進する方法を見つけることができる」と大統領は言った。 「米国大統領が台湾大統領府で私と会う可能性がある。我々は引き続き話し合い、問題を解決する」と大統領は述べた。単一中国の解決策の可能性に関して、大統領は「将来について推測したくない。この結果に満足すべきだ」と述べた。

T大統領は、台湾が引き続き米国および他の国と協力して問題を解決し、適切な措置を講じて米国との二国間関係の約束を果たすと述べた。President大統領は、台湾は引き続き米国と協力し、他の国と問題を解決します。 「将来について推測したくありません。この結果に満足すべきです。」

両首脳は、2カ国の解決策に関する両国の立場を議論し、2月に開催される大統領会談でこの問題を提起すると述べた

今日の考察/東京都で新たに150人の感染確認:東京新聞 TOKYO Web: 東京ウェブリケ 2014.05.13 12:21:44 12-05-2014 津波が東京の海岸線を襲う 今年5月12日の午前2...

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

台湾の民意「1国2制度へのノー」明らか 台中関係 焦りは禁物 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by jean louis mazieres

今日の考察/京都の感染8人、女性会社員ら入院 新型コロナ、23日発表|社会|地域のニュース|京都新聞ナイジェリアで保健ワーカーの間でエボラ感染が2例確認された。 ボスニア ギニアでエボバンの疑いがある2例。 エボラウイルス病(EV...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です