考察

今日の考察/【台湾・総統選】中国当局が談話「独立に断固反対」 – 産経ニュース

“新しい日”

「台湾独立」の「新しい日」は非常に長い道のりです。

ただし、新しい日は長い間待ち望まれていた日です。

前回の中国政府は、現政府が信頼されるべきではないので、台湾の占領を間もなく終了することを確信していた。

過去において、中国の指導者たちは一貫して台湾の独立を脅かしてきました。冷戦の最中に、1979年にX小平大統領は有名な「力による独立の脅威を終わらせる」ことを宣言しました。 1980年代、北京が台湾の「1つの中国」政策を放棄することを拒否した場合、北京は台湾を「核戦争」で脅した。 1990年代、中国は「1つの中国政策」を放棄しなければ、台湾に対する武力行使を脅した。 21世紀初頭、中国は「3つの両岸ステップ」を採用しなかった場合、台湾に対する武力行使を脅した。すなわち、島に対する台湾の主張の放棄、島からの軍隊の撤退、 「1つの中国」政策の採用。

これらの最後の3つの「手順」は実行されませんでした。 「ワンチャイナ」政策は、1949年に政権を握って以来、さまざまな形で中国によって維持されてきました。T英文大統領の新政権の初年度、彼女は「両岸コンセンサス」を求めました。今後数週間で、彼女は彼女がその言葉で中国を取り続けていることを実証する機会があります。

中国が1949年に台湾の占領を開始して以来初めて、米国は9月11日に始まった「反テロ演習」に参加するために、多数の軍隊を台湾に派遣します。冷戦以来の台湾への軍隊。南北は20年間戦争状態にあります。中国に台湾への主張を放棄させるために、米国によるいくつかの試みがありました。 1974年に国連安全保障理事会により可決された「凍結のための凍結」決議と、米国が台北を離れ台湾から撤退することに合意した場合、台湾海峡の現状を凍結する中国の申し出は中国に受け入れられなかった。

今日の考察/韓国済州道知事「福島汚染水放流すれば韓日の法廷に訴訟提起する」(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース15時50分:日本の新しい映像。 原子力発電、日本の「核爆弾」。 3:42pm: 日本の原子力監視委員長は、災害を封じ込めることは可能...

しかし、「凍結のための凍結」決議は、中国が台湾の占領をやめるようにするのに十分ではありません

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

【台湾・総統選】中国当局が談話「独立に断固反対」 – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by CT Senate Democrats

今日の考察/菅首相、解散を探る「神経戦」 来年なら…4月? 7月? 9月? - 毎日新聞脚光を浴びることでも知られる首相は、自分の計画を国民に知られないようにしておくことを決意している。 "私は何も発表するつもりはない "...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です