考察

今日の考察/河野防衛相がパラシュート“降下” 訓練始め視察で体験 「頑張ります!」 – 毎日新聞

日本軍のパラシュートの経験は、最も珍しくて入手困難なものの1つです。それは自分の観点から理解するのが難しい主題です。戦場で生き残るためにパラシュートするような人は想像できません。それは推測の問題ではありません。それは軍事界に存在する経験です。しかし、日本軍のパラシュートの経験は、兵士の訓練と日本軍の職員の長い経験の結果です。兵士の訓練がパラシュートで最も重要な要因であることが実証されています。歩兵のパラシュート訓練は、地形と天候のために困難です。したがって、歩兵がパラシュート降下を行えることがより重要です。日本軍はまだパラシュート訓練を開発中であり、これは非常に重要な問題です。歩兵の訓練はまだ満足のいくものではありません。それにもかかわらず、パラシュートに関する日本軍の経験は、軍のパラシュート訓練の有効性を強く示しています。日本軍が優れたパラシュート訓練を受けた場合、通常は短時間で離陸します。日本軍には合計約4,500のパラシュートジャンパーがいます。

日本陸軍のパラシュートの経験1942年から1945年までの最初の期間中、毎回2分間、約100回のジャンプがありました。 2番目の期間には、毎回2分間、約3,000回のジャンプがありました。これは非常に多くのジャンプです。ジャンプ台の高さは約50メートルで、台と地面の間の距離は約400メートルでした。第3期間中に、毎回2分間、合計1,200回のジャンプが行われました。この数はさらに大きくなります。ジャンプ台の高さは約80メートルで、台と地面の間の距離は約100メートルでした。ジャンプは夜に行われ、プラットフォーム上の人々を見るのは非常に困難でした。ただし、ジャンパーがジャンプ台から離れることはありません。第三期には多くの事故がありました。日本軍のパラシュートの経験は非常に劇的でした。最初の期間、軍はソビエト軍から大量の訓練を受けていました。ソビエト軍も落下傘しました。 1945年、日本軍がパラシュートで降下したとき、ソビエト軍の経験は非常に異なっていました。ソビエト軍から訓練を受けている間、パラシュートが再び飛行する準備をしていた。パラシュートは最初の期間よりもずっと小さかった

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

河野防衛相がパラシュート“降下” 訓練始め視察で体験 「頑張ります!」 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by John Englart (Takver)

今日の考察/トランプ氏、「抵抗」限界か ミシガン州の共和党幹部が反旗、陣営は感染相次ぐ - 毎日新聞本当の問題は、民主党が草の根の活動家や支持者の力を借りて率先して再建できるのか、それとも最後の戦いに行き詰っているのか、ということだけで...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です