考察

今日の考察/「歴史の大勢変わらず」と警告 国営メディアの論調に批判も―中国:時事ドットコム

中国の国営メディアと同国の主流メディアとの言葉の戦争の最新ラウンドで、与党共産党の公式新聞であるグローバルタイムズは、かつてを求めていた元編集長による解説を発表しました国有メディアの終mise。水曜日に新聞のウェブサイトに掲載された解説は、国営紙である蘇志中の人民日報の前編集長によって書かれました。 Suの見解は、党指導部や大多数の人々の党首によって共有されていないことを指摘することから始めます。スーの執筆は、彼が外国人ジャーナリストとのインタビューの結果であった「非常に率直で正直な」解説であるとそれは言う。 「日中韓軍事危機と戦争を非難する中国の権利」と題された解説は、中国メディアの批判を批判する紙による2日間で2回目の編集です。最初の記事では、メディアに対する批判は「不適切」で「間違っている」と述べた。最初の社説に続いて、グローバルタイムズはコラムニストによるコラムを発行し、「新しい平和の時代」と「日中韓軍事危機」の終結を呼びかけました。中国のメディアは、グローバルタイムズが国の「国家主権」を「改ざん」していると非難し、自身のウェブサイト上での批判に対応した。問題のグローバルタイムズ社説は、人民日報のウェブサイトに掲載されており、「予備的な」社説です。コメンテーターは、中国の国営メディアが懸念しているのは本当に蘇の見解であるかどうかについて分かれている。そのうちの1人である中国外務省国際問題研究所のアナリストであるYang Lixinは、Suの社説のコメントは中国の国営メディアの「新しいトーン」を表していると述べた。ヤンは、グローバルタイムズがそのような作品を公開するのは驚くべきことだと言った。一方、グローバルタイムズはまた、Suの元編集長の一人であるSu Weiによる作品を出版し、Suを人民日報の編集委員会で「露骨な政治的干渉」で非難した。 「蘇の社説は明らかに、彼のかつての雇用主であるピープルズ・デイリーを攻撃することを目的としている。彼はかつて中国で「最も誠実で誠実な」国営メディアだと言った」 「これは明らかに政治的な論説です。」 Global Times社説は初めて英語に翻訳されました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「歴史の大勢変わらず」と警告 国営メディアの論調に批判も―中国:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by AvgeekJoe

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です