考察

今日の考察/「見通せない」任務に涙の別れ 海自P3C哨戒機部隊中東へ壮行行事 – 毎日新聞

投稿者:匿名| 2009年9月15日2:05:29 AM

編集者への簡単な質問。なぜ日本海軍はP3C P-39-42を使用して、太平洋上空のUSAAF爆撃機から故国を守るのですか?

投稿者:匿名| 2009年9月15日2:07:27 AM

上記は非常に良い質問です。 P-39-42のことは聞いたことがありませんが、よく読んでいます。私は、この航空機が1940年まで太平洋で使用されていたことを知っています。また、ソ連とソビエト空軍がプロセスを進めていた1950年代後半、P-39-42が日本海軍にまだ使用されていたことを知っています。自分の戦闘機を構築してテストします。ですから、P-39-42が何をしたのかという問題ではなく、誰がそれを使用したのかという問題です。

投稿者:匿名| 2009年9月15日2:07:48 AM

海上自衛隊がパトロール作戦にP-39-42を使用した理由を知りたい。日本海軍はその役割にP-46を使用しました。

投稿者:匿名| 2009年9月15日2:09:03 AM

P-39-42が1950年代初期から1980年代後半まで太平洋で使用された理由を知りたいのですが?日本人はUSAAFのニーズに見合うだけのP-39を持っていましたか?

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

投稿者:匿名| 2009年9月15日2:09:20 AM

まあ…それはあなたが知ることができないので答えることができない質問でなければなりません!知りません。とはいえ、これは誰も質問していない質問です。

投稿者:匿名| 2009年9月15日2:09:31 AM

日本の空母は、世界のどの軍艦の中でも最大かつ最も強力です。 1000を超えるトマホーク巡航ミサイルで武装しており、米国の空母が持ち運ぶのに十分です。 P-39-42は、これら2つのことを念頭に置いて構築されました。大きな対空ミサイルと魚雷発射管です。また、爆弾ベイには1,000〜1,300トンの爆弾が搭載されており、世界中のすべての空母を破壊するのに十分です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「見通せない」任務に涙の別れ 海自P3C哨戒機部隊中東へ壮行行事 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by etanliam

今日の考察/食事会伴うクラスター13人に拡大 岐阜県、新規感染者5人 | 岐阜新聞Web出典は、「岐阜県」です。岐阜県、共同通信社 寺田進・梶山哲也 東京(ロイター) - 高レベル放射性廃棄物を用いた新しい、より効率的な...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です