考察

今日の考察/安倍首相、サウジ皇太子と会談 「事態のエスカレーション何としても避ける必要」 – 毎日新聞

「私自身も同じ見方をしているが、日本は非常に正式な方法でこの用語を使用している。それは間違いだと思う。…状況は複雑だと思うが、すべての公平において、人々は動揺しているし、理由があるので、私たちはそのように話すより良い方法を見つけなければなりません。結論に急ぐ必要はないことを明確にするために、これを解決するためにいくつかのことを行うことができます。しかし、迅速に移動する必要がある場合は、慎重に行う必要があります。

そんなに。それまでの間、日本が南シナ海で他に行ったことを見てみましょう。

南シナ海に対する日本の行動

1970年代以来、日本政府は南シナ海を日本が支配する領土として再解釈しようと試みてきました。日本の見解では、南シナ海は日本の海域であるため、日本政府はその海域で海主権を行使できます。この論理により、日本政府は南シナ海の紛争地域での石油探査を許可することを一方的に決定することができます。日本政府はまた、海域を米国およびその他の外国の船舶および航空機の立ち入り禁止と宣言する権利を主張しています。これらの行動のいくつかは、日本領土の完全性を保護するため、または中国から国家を保護するために日本政府の行動が必要であると主張することによって正当化されています。

私は、南シナ海に対する固有の主権に関する日本政府の主張は偽物であると疑っています。日本は南シナ海に対する非常に限られたコントロールを持っています。米国およびその他の国は南シナ海の一部を管理しており、彼らは南シナ海を国際航行の地域として維持することに関心を持っています。しかし、日本政府は南シナ海での一定の安全性と安全性を米国や他の国に依存することを嫌います。日本は、自国の領土として南シナ海に対する主張を主張し、国際法の下で主張する権利があると考えています。

南シナ海に関するこれらの主張に加えて、日本は東シナ海と南シナ海にも同じ主張のいくつかを行っていました。これらは、より強制的に作成され、国際法の正当な根拠がないため、さらに議論の余地がありました。

今日の考察/大阪、過去最多の490人感染 新型コロナで4日連続更新、東京上回る 前日に続き400人超 - 産経ニュース"東京では感染が続いていますが、大阪ではチフス熱の症例が多く報告されています。チフス熱の症例がどのようにして感染しているのかは不明。ただ...

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

安倍首相、サウジ皇太子と会談 「事態のエスカレーション何としても避ける必要」 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Ted Drake

今日の考察/米新政権の国務長官に、中国への圧力の必要性主張するブリンケン氏起用へ…米メディア : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン福島原発を運営する】東京電力【東京電力】は「3、4号機を閉鎖する準備ができている」としている。2017年中にも稼働させたい考えだが、破損...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です