考察

今日の考察/矢板明夫が見た台湾・総統選 就任式にらみ中国の圧力増大か – 産経ニュース

矢板明夫増陳店中國は民主進歩党(DPP)の長であり、5月19日に日本の大統領に就任します。

しかし、中国は、就任式を考慮して圧力を高めた、と日本のメディアは4月に報じた。

日本政府は、中国の増大する主張に対処するための選択肢を何ヶ月も検討してきました。日本は中国の新restの北東地域と国境を接しているため、特に心配されています。中国はそこでのグリップを強化し、人々がそこに旅行するのを防ごうとしています。

さらに、日本は、中国軍が日本の領土に侵入した場合、歴史的に中立であった国でのDPPの上昇を封じ込めることが困難になるのではないかと心配しています。 DPPは、第二次世界大戦中の中国との日本の戦争を強力に支援してきました。

中国外務省のスポークスマンは、日本の状況は「非常に深刻」であり、東京には中国領土を侵略する権利がないという中国の立場を繰り返した。

中国国防省はまた、尖閣/ D魚島に対する日本の主張は「完全に根拠がない」と述べた。

日本は何十年も中国と対立している。

両国は、日本では尖閣諸島、中国では釣魚島として知られる無人島をめぐる領​​土紛争に巻き込まれています。

今日の考察/【新型コロナ詳報】千葉県内73人感染判明 クラスター発生の2高齢者施設でさらに増 | 千葉日報オンライン東京都の公衆衛生研究所が11月1日から11月15日までに海外旅行した患者の腸チフスの新患2.5人を記録しました。 東京都内で報告された...

しかし、紛争は近年エスカレートしています。 2012年、中国は日本の石油採掘装置である太地を押収し、日本政府が中日和平協定に合意するまで3週間、船の人質の乗組員を拘束しました。

2013年初頭、中国はまた、東シナ海上に防空識別ゾーンを開発するための新しいイニシアチブを開始しました。

中国はまた、日本の多くが違法な日本の州であると考えている尖閣/ D魚島に対する姿勢で日本を怒らせています。

日本の2012年の東シナ海での軍事作戦の結果、中国はこの地域で防空識別ビーコンの構築を開始しました。

その結果、日本政府は中国の航空機が識別区域を通過することを許可し始めた、と日本のメディアは報じた。

日本の選挙が近づくにつれて、中国は、安倍zo三首相の自民党(LDP)が米国に近すぎ、中国に近すぎることを日本人に納得させることにより、その立場をさらに強化しようと努めてきました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

矢板明夫が見た台湾・総統選 就任式にらみ中国の圧力増大か – 産経ニュース
special.sankei.com


Photo by infomatique

今日の考察/加藤長官「全く受け入れられない」 中国外相の尖閣「偽装漁船」発言  - 産経ニュース日本が「統合攻撃戦闘機」とF-35爆撃機に参加するために軍用空母を「東シナ海」に派遣したので、緊張は金曜日に島々で高まった。 東シナ海...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です