考察

今日の考察/「桜」招待者名簿廃棄は「前政権踏襲」 菅官房長官、従来の説明を事実上転換 – 毎日新聞

米国と第二次世界大戦時代の物語は、人類の歴史の夜明けにまで遡る巨大なタペストリーです。国は戦争での役割をめぐって分裂したままですが、一部の人々は、米国がドイツや日本などの枢軸国との戦争で連合国を支援することに参加したと信じています。また、米国がナチスドイツに対する米国の防衛に参加したと信じられていました。しかし、一部の歴史家によると、米国は英国と同じように米国の防衛に参加しませんでした。

2002年4月15日のジャパンタイムズの記事によると、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、「米国との戦争で、天皇を含む日本の軍事指導者のいずれも支持していない。私たちが密接な関係を持っている国に米国が関与することは望ましくありません。」

2001年9月12日、鳩山由紀夫首相が欧州首脳会議に出席するためにロンドンにいたとき、ブッシュは彼に会いました。

日本の新聞The Sunday Times of Londonによると、ブッシュ大統領は鳩山に「アメリカ人を日本との対立に巻き込むことはできない」と語った。

2003年4月8日のブッシュ大統領との電話会議で、日本の鳩山由紀夫首相は、「アメリカ人、特にブッシュ大統領は戦争を日本人を助ける口実にしたかもしれない」と述べた。

米国はまだ戦争に対して正式に日本に謝罪していませんが、ブッシュ大統領は日本人の補償としてそうすることを約束しました。米国はまた、戦争関連の損失に対して2億ドルを支払うことを約束しています。

一部の歴史家は、米国政府と日本政府の両方が戦争に参加するつもりはなかったと主張しています。戦争は、日本を弱体化させ、同盟国を支援するためのアメリカ主導の努力であると主張する人もいます。

多くの日本人は戦争でのブッシュ政権の役割を批判しており、米国は日本政府が賠償金を支払うことができた以上に米国に損害を与えた戦争で「ソフトランディング」を得ることにのみ興味があると述べた。 。

今日の考察/【黒瀬悦成の米国解剖】トランプ氏は本当に負けるのか 再選へ4つのカギ(産経新聞) - Yahoo!ニュースケーシッチ氏の選挙管理者は、トランプ氏は「図々しく嘘をついている」と述べている(ワシントン・エクサミナー) - The Washingt...

ハースストーンWikiより

Doomguardは、クラシックセットの一般的なニュートラルミニオンカードです。

取得方法[編集|ソースを編集]

Doomguardは、クラシックカードパック、クラフト、またはアリーナの報酬として入手できます

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「桜」招待者名簿廃棄は「前政権踏襲」 菅官房長官、従来の説明を事実上転換 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by The National Guard

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です