考察

今日の考察/島根の会社に刃物男が立てこもり 1人人質に – 産経ニュース

この攻撃は、Shi荘県の一連の過激派攻撃の最新のものと見られています。寿司専門の島根寿司という会社にナイフマンが立ち上がる。父によれば、彼の名前は滝本茂樹であり、彼は高校3年生でした。彼は小さなレストランで受付係として働いていました。 「彼は非常にエネルギッシュな人で、一生懸命働くことに熱心でした」と彼の父親は言いました。 「彼の趣味には、ピアノの塗装と演奏が含まれていました。」滝本の父親は、攻撃が発生したとき、彼は寿司レストランでウェイターとして働いていたと言いました。 「彼は顧客の間で非常に人気があり、他の従業員は彼がかわいいと思った。」レストランの従業員は彼に特別な役割を与えました:彼は攻撃の前にレストランを出る最後から2番目の従業員でした。 「しげきが最後に去った」と父親は言った。 「誰かが彼が去るときに彼のシルエットに気づいた。彼らは警察に電話し、彼は拘留された。」父親は、滝本がアメリカ市民だと聞いたと言った。しかし、彼は彼の市民権について確信がありませんでした:「私たちはまだ彼の市民権を確認していません。」日本の外務省によると、滝本は市民ではありません。 「私たちは彼の米国への帰還をさらに検討することを求めている」と省庁職員はJapan Todayに語った。

滝本の父親は、滝本は英語を話さないと言った。彼の父親は、滝本には刑事記録がなく、刑務所に行ったことがないと言った。金曜日、父親は、息子が何日も頭痛と腰痛に苦しんでいると言いました。 「彼はとても陽気で、一生懸命働きたいと思っていました」と父親は言いました。 「彼は元気な人だったので、レストランの他の従業員には問題がなかった。」父親は、2011年8月に地元の学校でボランティアとして滝本に初めて会ったと言いました。 2人は友好的な関係を持っていた、と父は言った。 「彼は学校のすべての生徒や教師と親しい友人になりました」と父親は言いました。 「彼が学校でうまくやっているのを見てとてもうれしかった。」滝本の父親は、米国の大学に通うために米国のビザを取得するために資金を集めようとしていると言いました。滝本の父親は、息子の健康を心配していると言いました。 「彼は、彼が5年以内に服用していなかった薬を服用したと言ったので、彼の状態の原因を知るのは難しいです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

島根の会社に刃物男が立てこもり 1人人質に – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by HBarrison

今日の考察/安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声(毎日新聞) - Yahoo!ニュース2015年5月3日、京都では桜の花が満開。(Photo by Noriko Hayashi/AFP via Getty Images) ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です