考察

今日の考察/年始から「不快感」の応酬……文在寅vsアメリカは大荒れの予感 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

アメリカの「不快感」は、日本の「不快感」と同じくらい重要です。世界

©Japan Today

科学者が過去50年間に観察した謎の現象である「アインシュタイン効果」の物語は素晴らしい物語になりましたが、SFの物語ではありません。それは量子物理学、アインシュタインの研究、相対性理論の物語です。

物語は、量子力学の実験で観察された物理学の「アインシュタイン効果」と呼ばれる奇妙な現象の発見から始まります。この効果は、「隠し変数」と呼ばれる現象に起因しています。これは、実験者が知らない変数を記述するために使用される数学用語です。そのため、実験者は粒子のエネルギー量(エネルギーはエネルギー、もう1つは粒子)を知ることができません。したがって、観測された効果は隠れた変数によるものです。

実験者の観察から、科学者はこの現象が「遠くでの不気味な行動」として知られる数学的特性によるものであるという理解に至りました。現象の発見とその説明は、1905年の量子力学の発展につながりました。量子力学の理論は非常に単純であり、確率の数学的記述として記述することができます。

量子効果

量子力学の理論の背後にある基本的な考え方は、粒子は波として振る舞い、観測者は波の観測者であるということです。波は粒子であり、測定値は波のエネルギーです。波は、エネルギー源などの外部の影響によって粒子が「歪む」と考えることができます。

今日の考察/米大統領選、トランプ氏大逆転か 世論調査「バイデン氏優勢」の“落とし穴” 反トランプの米CNNと保守系のFOXニュース、調査結果は正反対 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイトフォックスニュース 世論調査:トランプ氏:45 CNNは トランプ:45 トランプ氏、討論会中にCNNが正しかったと発言 (Page...

簡単な例として、光の速度で地球の表面を伝わっている波を考えてみましょう。観測者が「光の速度」である間、波は「外部」の影響が干渉しない場合と同じ速度で表面に沿って移動します。観測者は外部のエネルギー源の影響を受けますが、エネルギーを測定することはできません。

これは電子で説明できます。電子は地球の表面に沿って移動するため、地球の磁場のエネルギーの影響を受けます。ただし、電子は地球の電界と同じ速度で移動していないため、波と電界の間に直接的な電気的接続を作成することはできません。これは、「離れた場所での不気味な動作」につながります

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

年始から「不快感」の応酬……文在寅vsアメリカは大荒れの予感 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
www.newsweekjapan.jp


Photo by Kzoo Cowboy

今日の考察/東京都で新たに150人の感染確認:東京新聞 TOKYO Web: 東京ウェブリケ 2014.05.13 12:21:44 12-05-2014 津波が東京の海岸線を襲う 今年5月12日の午前2...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です