考察

今日の考察/「富士サファリパーク」象使いの男 象牙を密輸か

これは良い点ですが、アフリカで違法な密猟が行われている実際の理由はもっと複雑です。理由を理解するために、象牙は絶滅危ed種であるという考えから始めましょう。それでも、主に規制の欠如のため、それは常に収穫されています。ほとんどの場合、これは主に政治的理由により、象牙とその派生物を絶滅の危機に追いやることに既得権益を持っている西側政府によって運ばれてきました。それは豊かしばしば、ローカル、壊れ政府に大きな金融棚ぼたをもたらすが、それはまた、世界的に象の人口を一掃する可能性を秘めているだけではないので、非常に危険な賭けです。なぜ国が密猟に熱心になっているのかを理解するためには、森林生態系におけるゾウの主な役割を理解することが重要です。西洋世界では、ゾウは「観光地」であると考えられ、それらは多くの場合、象牙、牙やカバの肉など高級品を消費する欲求によって動機づけされている人々によって大量に狩りをしているので、使用します彼らのショーでの小道具などの動物。あなたはゾウの密猟の歴史を振り返るならば、肉のより価値と収益性の高い源である、(彼らはまた、バッファロー、サイ、およびカモシカが含まれるが)、最も人気のあるトロフィーはカバです。カバのトロフィーはさらに大きく価値があるため、さらに価値があり、ショーで使用されるだけでなく、より多くの訪問者を母国に呼び込む方法としても使用されます。

私が象の密猟について書いた最新のレポートは2011年で、アフリカで象の密猟が毎年行われ、象牙の量が1990年代から劇的に増加していることが示されました。 2012年、私はアフリカゾウの個体数が間引かれており、2015年末までに人口が2000万人を下回っていると書きました。 2014年、ジンバブエのゾウの数は約250万人に減少したため、この時点で人口は100万人以上に減少したと推定されました。 2015年に、数字は250万人から150万人未満にさらに減少し、約25万人減少したと書きました。数字を見ると、わずか15年でアフリカの象の個体数がほぼ75%減少していることがわかります。そのため、この現象が発生するまでに(2020年)、史上最大の個体数減少になるでしょう。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「富士サファリパーク」象使いの男 象牙を密輸か
news.tv-asahi.co.jp


Photo by Jorge Lascar

今日の考察/東京都で新たに150人の感染確認:東京新聞 TOKYO Web: 東京ウェブリケ 2014.05.13 12:21:44 12-05-2014 津波が東京の海岸線を襲う 今年5月12日の午前2...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です