考察

今日の考察/麻生氏「誤解が生じているなら、おわびのうえ訂正」 「2000年同じ民族」発言 – 毎日新聞

これは非常に興味深いものであり、また筆跡を読むと、民族起源の日本語の単語が実際には転写物に表示されないため、私にとっても興味深いものです。これは、民族の非常に一般的な日本語の単語であるという事実と一致しています原点。また、このコンテキストで使用した他の国の人々(上記のトランスクリプトのように)は、日本語ではなく、母国語で考えていたと思います。筆跡にはある種の誤解があると思いますが、民族の起源として日本語を使用した他の方法があるかどうか知りたいです。おそらく、これを翻訳する他の方法もあります。

トランスクリプトの意味を理解しているかどうかはわかりませんが、この投稿の残りの部分では、翻訳を追うようにします。

多くの人が「民族的起源」という言葉に慣れているが、それと「民族的起源」との関係が完全に明確ではないと思った。トランスクリプトは、それらが同じものの異なる名前であることを示唆しています。

この言葉の正確な意味はわかりませんが、英語で翻訳されたのを見たことがない一般的な日本語の言葉です。これはおそらく、日本語が完全に日本語ではないという事実を指しているのでしょう。

英語で翻訳されていない民族起源の日本語の単語は他にもいくつかあります(ただし、日本語の教科書では見つかりました)が、これらすべてに「民族起源」という単語が表示されることはありません。

転写の中で、私が聞いた麻生氏のコメントは、民族起源の日本語の単語「日本語」(文字通り「英語と日本語」)は、単語「民族起源」(意味「民族的起源」)、場合によっては、その他の場合は異なります。麻生さんがこの声明を日本語で書いているのか英語で書いているのか知りたいです。これは、日本語の一般的な誤訳のようです。 (先日、中国人が中国の新聞で同じ翻訳を使っていたので、これがよくある間違いなのか他の何かなのかわかりません。)「日本語」の英語翻訳は「英語と中国語」ですが、英語で「民族起源」という言葉を使う人は誰もいません。

今日の考察/目前の米大統領選、特派員が読む 「トランプ氏に追い風も」「バイデン氏、怖いのは失言」 - 産経ニュース" 日本は一人ではトランプ氏と向き合えない、トランプ氏は日本と向き合えることを示さなければならない" - 共同通信社 " トランプのた...

私は「民族的起源」という日本語の単語についてあまり情報を持っていませんが、将来的にはその単語の英語の翻訳を見つけようとします

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

麻生氏「誤解が生じているなら、おわびのうえ訂正」 「2000年同じ民族」発言 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by imprensa3

今日の考察/目前の米大統領選、特派員が読む 「トランプ氏に追い風も」「バイデン氏、怖いのは失言」 - 産経ニュース" 日本は一人ではトランプ氏と向き合えない、トランプ氏は日本と向き合えることを示さなければならない" - 共同通信社 " トランプのた...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です