考察

今日の考察/河井前法相と案里議員「深くおわび」「捜査に協力」…議員辞職や離党は否定 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

一方では、日本は事件の当事者ではないことを理解できますが、他方では、当事者がそもそも必要な調査を行わない理由を理解できません。

日本法務省は「法的根拠のある事件ではない」と述べたが、首相府は「首相は辞任することを決定していない」と述べた。

「私はまだ正式に辞任を求めていないので、これについてまだ決定していません」と安倍首相は土曜日に記者会見で語った。

「法務省は非常に悪い状況にあります。私たちは事件の事実を立証することができませんでした。」

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

甘利氏「深層あわび」「捜査協力」辞任の拒否と党を離れることは拒否されました:政治:ニュース:読売新聞オンライン

「事実を開示する自由はありません」と安倍首相は述べ、「このような可能性のある事件が発生した可能性を否定することはできませんが、現時点ではそうは言えません。」

私はまだ辞任を正式に要求していないので、これについてはまだ決定していません。

「首相は辞任することを決めていません。」

「法務省は非常に悪い状況にあります。私たちは事件の事実を立証することができませんでした。」

首相府は声明の中で、調査は「事実を立証することができない」と述べた。

それは政府が「事件によって深く悩み悲しんでいる」と言った。

声明は、首相府が内閣内閣委員会の特別会議を招集し、この問題をさらに議論すると述べた。

「我々は、調査に関与したすべての人々、政府、そして彼らの支援に感謝したい」と述べた。

「私たちはこの事件が政府と私を傷つけないようにし、苦しんでいる人と苦しんでいる人に深い謝罪を表明したい。」

声明は、調査が法務省または政府によって行われたかどうかについては言及しなかった。

声明は、首相官邸が法務省から要請を受けたかどうかについては言及しなかった。

当時、法務省は調査についてコメントしないと述べた。

安倍首相のスポークスマン、佐藤富一は、首相官邸は首相が辞任を求めたかどうかを確認できなかったと述べた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

河井前法相と案里議員「深くおわび」「捜査に協力」…議員辞職や離党は否定 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by Phil Roeder

今日の考察/京都の感染8人、女性会社員ら入院 新型コロナ、23日発表|社会|地域のニュース|京都新聞ナイジェリアで保健ワーカーの間でエボラ感染が2例確認された。 ボスニア ギニアでエボバンの疑いがある2例。 エボラウイルス病(EV...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です