考察

今日の考察/根室のタラ漁船をロシア側が連行 北海道庁

5月、日本の安倍Shin三首相は、同国の漁船団をより効率的にし、より多くの魚介類を生産するための措置を講じると述べた。

漁業省は、計画された変更は2020年までに完了すると述べた。これには、日本の領海内で操業するすべての外国船が日本の旗を運ぶことを要求する新しい規則が含まれている。

現時点では、外国の旗を掲げているか、漁業ではない日本の領海で操業しているすべての船舶は、日本の領土港を通過し、24時間以内に最寄りの外国籍の港で向きを変える必要があります。

ただし、日本の領海内で操業している漁業を行っていない外国船は、新しい規則の適用対象外です。

漁業省は、この新しい規則により、外国の漁船が日本支配の島の近くでいつどこで操業しているのかを明確に把握できると述べた。

同省はまた、この規則が外国の漁船が日本の領海に入ることを回避し、外国の漁船が日本海に入るプロセスをスピードアップするだろうと述べた。

また、新しい規則は、一定期間内に船舶が日本の領海に入ることを禁止します。

2014年2月、漁業省は、日本の旗や漁業許可証のない船が日本の領海に入ることを認める、いわゆる「キャッチアンドリリース」規則を導入しました。

この動きは日本の漁業を後押しする方法と見られており、政府は外国船の水域へのアクセスを制限することにより、大量の収入を得ることが期待されています。

今日の考察/菅首相、解散を探る「神経戦」 来年なら…4月? 7月? 9月? - 毎日新聞脚光を浴びることでも知られる首相は、自分の計画を国民に知られないようにしておくことを決意している。 "私は何も発表するつもりはない "...

水産省は、日本国旗のない船舶は、緊急時または船舶がすでに日本の領海に入っている場合にのみ、日本の領海に入ることを許可されると述べています。

しかし、多くの外国の漁船が日本の規制水域で操業しており、これがこの問題をめぐって日中の紛争につながっています。

月曜日、中国の漁船が東シナ海の尖閣諸島の近くで日本の領海に入ろうとした事件がありました。

日本の当局は、この船は中国の港から魚の貨物を運んでおり、日本の領海で釣りをしていないと述べた。

新規則では、外務省によると、外国の漁船は、紛争のある島に接近する際に、日本の旗を携帯するか、日本の漁業許可証を携帯する必要があります。彼らが日本の領海に入ったとき、それはまた、日本の旗を運ばなければなりません。

日本国旗のない船舶の場合、これは、日本の領海に入るときに日本の国旗を携帯する必要があることを意味します。

現在、日本政府が新しい規則を実際に実施するかどうかは不明です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

根室のタラ漁船をロシア側が連行 北海道庁
news.tv-asahi.co.jp


Photo by Kzaral

今日の考察/オーストラリア海軍が参加へ、日米印の共同訓練「マラバール」 - Bloomberg政府によると、日本の海上自衛隊は6月5日から13日までの2週間、「マラバー」と呼ばれる日米印合同演習に参加するという。 2週間の演習に...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です