考察

今日の考察/南海トラフ震源域近くで「ゆっくり滑り」 08~18年に少なくとも4回 東大と海保チーム発表 – 毎日新聞

2010年4月、大学は「カイカイホ」と呼ばれる新しい「高速」スーパーコンピューターを作成したと発表しました。大量のデータを処理できます。」元々は100ペタフロップスの高性能システムになる予定でしたが、これはシステムの「高速」部分に焦点を合わせるために削除されました。ただし、2016年にKaihoは、32コアCPU、128 GBメモリシステム、および追加のテラバイトのRAMを備えたはるかに大きな1 Gbpsシステムにアップグレードされました。この新しいスーパーコンピューターは、有名な日本の著者にちなんで命名されました。

ソース:ウィキペディア

スーパーコンピューターはさまざまなプログラムを実行できるようになり、1秒間に約1.3兆(1,000,000,000,000,000,000,000)個のオブジェクトに相当する処理が可能になりました。これは、従来のスーパーコンピューターである南海トラフと、量子演算などのさまざまな並列処理アルゴリズムの組み合わせを使用して行うことができます。

ソース:ウィキペディア

完全なリストは、Wikipedia:Kaihoにあります。

「Kaihoの主な利点は、量子最適化を含む一連の並列処理アルゴリズムを提供することです。たとえば、システムのスーパーコンピューターは、量子最適化、または膨大な数のオブジェクトの全体構造(宇宙、物理的世界の構造、または生物学的システムの構造)、さまざまなシステムからのデータを含む、このような幅広いデータについて。」ウィキペディア:海宝

「カイホのスーパーコンピューターは、高度な並列アーキテクチャに基づいて構築されているため、このようなタスクを実行できます。その並列処理アルゴリズムは、量子コンピューティングの概念に基づいています。その結果、システムは、高機能で幅広い機能を実行できます量子最適化などの速度、または膨大な数のオブジェクトの全体構造の最適化(宇宙の構造、物理世界の構造、生物系の構造など)、このような広範なデータ、さまざまなシステムからのものを含む。」ウィキペディア:海宝

今日の考察/道内の感染者 6日ぶり20人台|NHK 北海道のニュース2017年8月5日 ゥ 北海道での感染者数は、前年比23%増の1万9841人となったとNHKが1日報じた。 北海道の保健省は先月、英...

「KAI-Kaihoが処理できるオブジェクトの数は、システムのパフォーマンスを決定する重要な要素です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

南海トラフ震源域近くで「ゆっくり滑り」 08~18年に少なくとも4回 東大と海保チーム発表 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by VaDOT

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です