考察

今日の考察/【速報】“新型コロナウイルス”肺炎 日本で初の陽性患者 神奈川県在住の30代男性 – FNN.jpプライムオンライン

日米は、朝鮮戦争以来、致命的なH5N1鳥インフルエンザウイルスの拡散を抑えるために最も野心的で高価なキャンペーンを開始し、神奈川-FNN.jpの老人と川井町の妻の息子-日本の南西部にあるFNN.jpは、致命的なウイルスの新しい株と診断されました。男性は50代、息子は32才です。どちらも町で入院しており、治療を受けているにもかかわらず、彼らの状態はまだ不明です。日本国民である2人の男性は、日本でウイルスに感染したことが知られている11人の中にいました。彼は子供の頃から東京に住んでいたが、最近神奈川-FNN.jpに引っ越した。町の市長によると、彼は退職した建設労働者で、過去2年間Kawai-FNN.jpに住んでおり、彼の息子は美容師としてパートタイムで働いている大学生です。この男は先週の木曜日に病気になり、家族は彼が発熱して咳をしていることに最初に気づきました。患者は神奈川の病院で治療を受けましたが、それ以来彼は病気の兆候を示していません。医師は、男性の症例が何であるかを確信していません。彼らは男性の症例が何なのかよく分からないため、H5N1鳥インフルエンザウイルスの最初の症例としてそれを確認していませんが、彼らはそれが非常にありそうだと言います。 30代前半の男性の妻は、土曜日にKawai-FNN.jpに入院しました。彼女は神奈川で治療を受けていますが、月曜日までに退院する予定です。 32歳の息子もKawai-FNN.jpで入院しました。当局者は、彼が月曜日に解雇されることを期待していると述べた。ウイルスは最近数週間で国内で増加しており、発生は日本のいくつかの地域で報告されていますが、沖縄の島では発見されていません。このウイルスは、9月に南カリフォルニアで7人を病気にしたウイルスとは異なります。沖縄の島で鳥インフルエンザワクチンを受けた後、人々は病気になりましたが、日本の多くの人々が発熱する原因となっているウイルスに感染していませんでした。日本政府は、H5N1鳥インフルエンザウイルスを阻止しようとしています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

【速報】“新型コロナウイルス”肺炎 日本で初の陽性患者 神奈川県在住の30代男性 – FNN.jpプライムオンライン
www.fnn.jp


Photo by ╰☆Tempest Rosca ☆╮

今日の考察/それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板 - 毎日新聞http://www.mainichi.co.jp/english/feature/20120209/en/index.html 埼玉...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です