考察

今日の考察/高須克弥院長 小泉進次郎氏の育休取得に反対「歓迎できません」 – ライブドアニュース

1

女性の休暇をとる権利についての議会での現在の議論は、職場に限らず、家族圏にも広がっています。子育てや両親の世話をするために休職する女性、あるいは友人の子供の世話をするため、または病気の親relativeの世話をするために仕事を辞める女性でさえも差別されます。州によって反対され、罰せられます。もしそうなら、国家がそのような決定を下すことができるというのは、一体どういうことでしょうか?

2

この質問に対する答えは、州にはそのような決定を下す法的根拠がないということです。日本では、法律は「子どもの保護命令」を認めていません。

3

そもそも、児童保護命令は、原告が特定の措置を取ることを要求する命令ではありません。これは、被告に子供の福祉について決定する権利、特に子供を家庭内で育てるべきかどうか、または子供が一緒に暮らすかどうかについて決定する権利を与える命令です。見知らぬ人、子供が家族の家に戻されるべきである。

実際、原告が別の男性の子供の世話を強いられている男性である場合、法律は女性のみを子供保護命令の管轄内にあると認めています。

第二に、児童保護命令は、原告が特定の行動を取ることを要求しない。原告の義務は厳密に子供の世話をすることであり、裁判所は被告に何もすることを要求していない。

今日の考察/複数部員が大麻使用 警察が捜査 東海大硬式野球部の活動停止 - 産経ニュース(北川亮・竹中清著) 東京--野球の名手・赤坂千代美氏が、2015年の春から夏にかけて大麻を使用したと報じられた東海大学の選手たちの中...

第三に、児童保護命令は法人ではありません。これは、民事裁判所によって執行できない法的文書です。

4番目に、児童保護命令は命令違反に対する救済を提供せず、違反に対する原告の責任は被告にのみある。

5番目に、原告が被告の権利を侵害する行為を行ったことを立証することはできず、被告は法的命令に違反したことで原告を罰する権利はない。

州には、子供と一緒にいることを目的として休暇をとる権利を女性から奪う決定の法的根拠がありません

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

高須克弥院長 小泉進次郎氏の育休取得に反対「歓迎できません」 – ライブドアニュース
news.livedoor.com


Photo by billknock

今日の考察/首相夫人も外交デビュー 昼食会や博物館視察(産経新聞) - Yahoo!ニュース私たちがどれだけ愛しているか 知ってほしいの ロンドンの日本大使館が職員への感謝状を発表し、毎日のブリーフィングで読み上げている。 (...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です