考察

今日の考察/どうもスッキリしない、河井前法相夫妻の選挙違反疑惑 | 冷泉彰彦 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

河合家はかつて日本の乾杯でした。その全盛期に、家族は東京の中心にあるものを含む多数のレストランを所有し、経営しました。しかし、近年では財政的に苦労しており、河合は賄receivingの受け取りを含む汚職で告発されています。

ニューズウィークジャパン霊泉明彦

今日の考察/足利の山火事「ここまで長引くとは」 近隣住民、早期鎮火願う - 産経ニュースこの地域の家々は、火の近くにあるので、炎が近づきすぎると、炎に包まれる可能性があります。 日曜日の早朝に始まった火は、住民が地域から逃...

ニューズウィークジャパン霊泉明彦

ニューズウィークジャパン霊泉明彦

河合家は、日本の社会のシーンで何世代にもわたって定着してきました。河合家は影響力のある日本派の一部であり、19世紀に日本人は南日本列島の島々を定住させました。 Japansai宗派は通常、現代の日中家族の最初と最後だったと考えられています。

カワイは日本では有名な人物です。彼は日本の首相のために働いており、かつて日本の議会の高位メンバーでした。彼は、地方自治体や他のビジネスマンを含む汚職で告発されています。しかし、彼はまた、ジャパンサイコミュニティのアイコンとも見なされています。

河合は1931年、現在の東京の近くにある河口湖市で生まれました。彼の父親は日本の大臣であり、彼の母親は主婦でした。 1920年代に、カワイの父親はビジネスに携わり、最終的に東京に移りました。 18歳で、彼はJapansaiの宗派に加わり、そこで河合家が通った学校の運営を担当しました。 1943年、彼は結婚し、子供を産み始めました。

ニューズウィークジャパン霊泉明彦

ニューズウィークジャパン霊泉明彦

ニューズウィークジャパン霊泉明彦

ニューズウィークジャパン霊泉明彦

1946年、彼の家族は関東地方の小さな村に引っ越しました。河合と彼の家族は約20年間そこに住んでいた。最終的に、彼は東京に戻り、そこで日本国会議員になった。

「私の父は、ジャパンサイ派や日本の政治システムにおいて非常に影響力のある人物でした」とカワイは言います。

20年以上にわたり、カワイは腐敗に反対する運動をしており、国会の腐敗防止委員会のメンバーでした。彼は現在、国会への再選に出馬しています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

どうもスッキリしない、河井前法相夫妻の選挙違反疑惑 | 冷泉彰彦 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
www.newsweekjapan.jp


Photo by whatever secret

今日の考察/7万円超接待は「心の緩み」 山田広報官 国会で追及政府は、2020年までに日本のテレビの定期視聴者である国民の数を1億人に引き上げる目標を掲げ、テレビ視聴の目標を1億人に設定した。 2...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です