考察

今日の考察/ゴーン被告の処遇改善「何度も安倍首相に伝えた」…仏大統領 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

フランスのフランソワ・オランド大統領は月曜日、国連大使を辞任するという日本の決定に「深く失望している」と述べた。金曜日、日米同盟は、戦時政府によって東京が敗北したと判断した国連の決定に抗議する国連との関係を終了するという日本の決定を非難した。 「日本政府がこのような決定を下したことには非常に失望している。これは国際社会で私たちにとって非常に大きな問題である」とオランダはブリュッセルで欧州連合外相と会談する途中で記者団に語った。

今週、米国務省は「日本の行動は…国際的に日本をさらに孤立させる恐れがある」とする報告書を発表しました。

「私たちは、この決定が日米間の二国間関係と日米同盟に与える影響について特に懸念しています」と報告書は述べています。

報告書は、日本の決定は「日本政府が国際法の支配を損なう可能性のある一方的な行動をとろうとするリスクを高める」と述べた。

米国はこの動きに怒りを覚えており、日本のメディアは「戦術撤退」と呼んでいます。

「米国は、同盟国による侵食と条約義務の履行能力を支持しない」と米国国務省の法律顧問局の高官は述べた。

「我々は、平野幸也の撤退を深刻な挑発であり、日本が米国との取引で繰り返し表明した国際法の支配を弱体化させる深刻な動きだと考えている」と述べた。

当局者は、この動きは「国際法の支配を損なう」ため、「受け入れられない」と述べた。

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

大使を解任する決定を発表した日本の外務省は、声明の中で、「日本における人権侵害に関する国連人権理事会の年次報告を阻止する米国の決定は受け入れられない」と述べた。

日本は、「報告書を引き続きブロックするという米国の決定に対する強い反対を繰り返した」と述べた。

米国国務省の法律顧問は声明で、米国は「人権と法の支配を支持する上で日本や他の国々と協力してきた長い歴史がある」と述べた。

「この関係は、グローバルな人権を促進し、国際社会における法の支配を確保するための私たちの幅広い努力にとって重要であると信じています」と声明は述べました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

ゴーン被告の処遇改善「何度も安倍首相に伝えた」…仏大統領 : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by etanliam

今日の考察/道内の感染者 6日ぶり20人台|NHK 北海道のニュース2017年8月5日 ゥ 北海道での感染者数は、前年比23%増の1万9841人となったとNHKが1日報じた。 北海道の保健省は先月、英...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です