考察

今日の考察/露首相、内閣総辞職を表明 プーチン氏の任期後にらんだ動きか – 毎日新聞

「政府は危機にinしている」と危機に近い政府高官は語った。 「新しい法律はありません。大統領は何もできません。」

「ロシアが西側と和解できるかどうかわからない」と別の政府関係者は述べた。 「ロシアは危機にbしていると思います。」

政府筋は、早期選挙の可能性についてコメントすることを拒否した。

「待つ必要があります」と別の政府関係者は語った。 「危機があると事態は悪化し、危機があると事態は改善するが、しばらく危機にonするだろう」

政府関係者によると、政府には大統領に代わるものはなく、大統領は決定を下す力がないとのことです。

政府の主な問題は、大統領が決定を下す権限を持っていないことです。

「彼には何もする権限がない」と政府当局者は言った。 「彼は調査を命じることさえできない。」

「それが主な問題だ」と政府関係者は述べた。 「変更を加える方法があるかどうか、または辞任以外のことをする方法すら知らない。」

今日の考察/首相、「答弁控える」を封印か 「全集中の呼吸どこに」に「指摘受け止める」 - 毎日新聞モスコフ、1月16日。/TASS/. ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、シリア政府に対し、早期選挙を「できるだけ早く」開催し、シリア国民...

政府筋によると、大統領には意思決定の権限がないため、政府は危機にinしているという。

「大統領が何もできない場合、彼は何を望んでいますか?」政府筋によると。 「彼はどのようにロシアを救いたいのですか?」

ロシアの防衛省は、ロシア軍が国内のロシア系民族を保護するためにシリアに戦闘グループを送るという西側からの要求を受け入れないと述べた。

プーチンのスポークスマン、ドミトリー・ペスコフは今日、記者団に対し、ロシア海軍は米国がシリアに軍艦を送ることを要求したことを通知され、モスクワは要求が受け入れられなかったことを米国から通知されたと語った。彼はロシアが要求をしなかったであろうと言った。

「この質問はすでに尋ねられていると思う:状況を救うことができたのだろうか?私たちにできるとは思わない」とペスコフは言った。 「状況は回避できたはずです。米国は悲劇を防ぐことができたでしょう。」

「政府が状況を非常に真剣に検討し、政治的解決の可能性を真剣に検討し、単にこれを受け入れるのではなく、他の選択肢はありません」とペスコフは述べました。

ペスコフは、ロシア政府が米国にシリアへの戦闘部隊の派遣を繰り返し要請したが、拒否されたと付け加えた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

露首相、内閣総辞職を表明 プーチン氏の任期後にらんだ動きか – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by torbakhopper

今日の考察/関東甲信 雨雪のピーク過ぎる あすは春のような陽気に 雪崩等注意(日直予報士 2021年01月24日) - 日本気象協会 tenki.jp新しいキャラクター 高梨れんげキョウカ 北海道の田舎で一人暮らしをしている少女。おてんばで、鋭い自虐的なユーモアのセンスを持っている...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です