考察

今日の考察/債券下落か、米長期金利上昇で売り先行-20年入札後は堅調との見方も – Bloomberg

「年初、S&P 500は6月のピークから4.1%を失いました。しかし、S&P 500は年初から少なくとも6回は横ばいであるか、最近の最高値から1%未満を失いました。

「私たちの見解では、S&P 500が6月のピークから4%以上減少すると考える理由はありません。」

「さらに上昇する可能性はあるが、マイナスの範囲には入らないだろう。そして、現在の集会は、私たちの考えでは強すぎる過度の要因によって動かされている」

「この集会がすぐに衰えると信じる理由はほとんどありません。」

「市場の現在の上昇は、S&P 500への投資家の熱意によって支えられています。これは、インデックスの多くの企業の好調な収益と企業利益の上昇によって後押しされています。

「たとえば、S&P 500は、S&P 500の収益とS&P 500で運営されているS&P 500企業の収益の両方を含め、過去12か月で18%増加しています。」

「S&P 500は今年の初めからプラスの領域にありましたが、一部の人々は集会が終了する可能性があると考えています。

「それは簡単に約1.5%に戻ることができます。そして、それはおそらく投資家への非常に厳しい販売になるでしょう。」

今日の考察/大阪都構想可決なら「地名」どうなる?31年前に「ABC」となった町…”悲劇”は回避できるのか|まいどなニュース大阪」という地名は、その地名の由来となっている本州の島にある市の地理的な位置にちなんでつけられたものである。結論から言うと、大阪は港町で...

「この集会は、市場にとって強すぎる可能性のある多くの要因によって引き起こされたと考えています。

「たとえば、S&P 500への投資家の熱意は、特にここ数ヶ月ではるかに高い収益を得ているインデックスのトップ企業からの強い収益シーズンの期待によって部分的に促進されています。

「そして、S&P 500の収益成長率は過去12か月で平均1.3%で成長していますが、S&P 500で営業している上位10社のS&P 500企業の平均は、平均で1.4%成長しています。限目。

「これは、投資家がS&P 500企業が過去12か月よりもさらに収益を上げることを期待しており、これがS&P 500の収益増加につながると確信していないことを意味します。」

「さらに、S&P 500企業の収益の多くは、子会社の好調な業績に依拠しています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

債券下落か、米長期金利上昇で売り先行-20年入札後は堅調との見方も – Bloomberg
www.bloomberg.co.jp


Photo by Joanbrebo

今日の考察/目前の米大統領選、特派員が読む 「トランプ氏に追い風も」「バイデン氏、怖いのは失言」 - 産経ニュース" 日本は一人ではトランプ氏と向き合えない、トランプ氏は日本と向き合えることを示さなければならない" - 共同通信社 " トランプのた...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です