考察

今日の考察/日本発の地質時代「チバニアン」誕生 国際地質科学連合が正式決定 – ITmedia NEWS

科学者によると、世界最古の岩石サンプルの年齢は220万年から350万年と推定されています。つまり、以前に考えられていたよりも100万年以上古いと推定されています。科学者は、世界で最も古い岩石サンプルの新たに発見された年齢が過去を理解する上で重要なマイルストーンであると信じています。

東京大学の研究者である加藤義秀博士が率いる研究者は、特定の種類の岩石について350万歳と推定しています。 「世界で最も古い岩石のほとんどは、550万年から600万年前のマントル内の岩石ですが、この新しい時代はそれよりはるかに若いです」と加藤博士は言いました。

加藤博士と彼のチームは、最も古い既知の岩石が6500万年から6550万年前に始まった白亜紀後期のものであることを以前に発見しました。最も古い既知の岩石の新しい年齢は250万年です。つまり、以前考えられていたよりも約100万年古いです。

この研究は、Nature誌の最新版に掲載されました。最も古い既知の岩石は、6500万年から6550万年前に始まった白亜紀後期のものです。加藤博士と彼のチームによる中部日本の新潟遺跡で見つかった岩石のサンプルの分析は、100万年以上前のものであることを示しています。

「我々の分析では、最も古い既知の岩石は白亜紀後期のものであることが示されています」と加藤博士は述べています。 「もっとも古い既知の岩石は白亜紀前期のものであるという以前の主張とは異なりますが」

研究チームはまた、少なくとも320万年前に始まったPeriodicluben累層の同じサイトの岩石のサンプルを分析し、同じ岩石が白亜紀初期の最古の岩石より古いことを示しました。

加藤博士は、この発見は地球の年齢が一定量ではないことを示していると述べた。調査するサンプルが増えるにつれて変化します。 「結果は、地球の時代は連続したものであり、異なる期間の間で変化するという考えと一致している」と彼は言った。 「私たちは、地球の時代が歴史を通じて大きく変化することを示しました。」

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

彼は続けて、「また、現在の時代にどんな岩があるのか​​が必ずしも明らかではないので、地球の年齢をどのくらい研究しなければならないのかもわからない

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

日本発の地質時代「チバニアン」誕生 国際地質科学連合が正式決定 – ITmedia NEWS
www.itmedia.co.jp


Photo by Greg Peterson in Japan

今日の考察/京都の感染8人、女性会社員ら入院 新型コロナ、23日発表|社会|地域のニュース|京都新聞ナイジェリアで保健ワーカーの間でエボラ感染が2例確認された。 ボスニア ギニアでエボバンの疑いがある2例。 エボラウイルス病(EV...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です