考察

今日の考察/ロシア外相代行、「日本は米国の露敵視戦略の一部」 平和交渉は困難 – 産経ニュース

(1/2)

(2/2)

(3/2)

(4/2)

(1/2)

最後の更新

バチカン市国—教会がイスラエルとパレスチナ人の間の紛争で果たした役割に対してパレスチナ人に正式な謝罪をするというバチカンの決定は、米国を含むキリスト教世界全体で承認されました。

教皇フランシスは、今日バチカンでパレスチナの対応する教皇タワドロス2世に演説を行い、2人の指導者に平和のために協力するよう促しました。

「私たちは悲劇、暴力の時代に生きています」と教皇はタワドロスに語った。 「パレスチナの人々の暴力と苦しみは紛争の結果であり、カトリック教会は途中で捕まった。」

今日の考察/米大統領選、トランプ氏大逆転か 世論調査「バイデン氏優勢」の“落とし穴” 反トランプの米CNNと保守系のFOXニュース、調査結果は正反対 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイトフォックスニュース 世論調査:トランプ氏:45 CNNは トランプ:45 トランプ氏、討論会中にCNNが正しかったと発言 (Page...

彼は、紛争の責任者は彼らの行動に責任を負うべきだと述べた。

教皇フランシスは、教会の役割は正義と和解を求めることであるが、教会はパレスチナ人を決して差別したことはないと述べた。

「教会は和解の精神で、パレスチナの人々を祈り続け、公正で永続的な平和の目標に導く」と彼は語った。

スピーチの後、パレスチナ大統領マフムード・アッバスが率いるパレスチナ代表団は、教皇に彼の言葉に感謝した。

「パレスチナ人は、国連の歴史の中で最も精神的な大統領の一人であることを誇りに思っています」とアッバスは言いました。 「彼はイスラエルとの平和やパレスチナの大義など、多くの問題に関与してきた人であり、私たちの前でのこの演説における教皇の言葉はパレスチナ人にとって大きな祝福となるでしょう。」

ホワイトハウスは本日、教皇の演説に対する大統領の反応は「ポジティブだった」と述べた。

ホワイトハウスの報道官、ジョシュ・アーネストは声明の中で、「教皇フランシスの国連演説における平和への呼びかけを歓迎した」と述べた。 「しかし、バチカンはパレスチナ自治政府と協力して暴力を終わらせ、イスラエルとパレスチナの両方のニーズに応える永続的な平和協定を確保しなければならないと考えています。」

教皇フランシスコが3日間の訪問のために米国を旅したとき、バチカンの声明が発表されました。

米国国立標準技術研究所(NIST)からの最新のリークは、米国政府が政府機関と軍隊の通信のための「ハック防止」暗号化標準に取り組んでいることを明らかにしています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

ロシア外相代行、「日本は米国の露敵視戦略の一部」 平和交渉は困難 – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by Marine Explorer

今日の考察/京都の感染8人、女性会社員ら入院 新型コロナ、23日発表|社会|地域のニュース|京都新聞ナイジェリアで保健ワーカーの間でエボラ感染が2例確認された。 ボスニア ギニアでエボバンの疑いがある2例。 エボラウイルス病(EV...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です