考察

今日の考察/国民の労組出身合流慎重派議員が会合(産経新聞) – Yahoo!ニュース

この投稿は元々2016年6月25日にShimbun.co.jpで公開されました。新聞からの許可を得てここにクロスポストされています。

今週、連邦裁判官は、連邦捜査局が政府のコンピューターのハッキング疑惑の調査に関連するファイルの情報公開法の要求に従う必要があると判断しました。

ニューヨーク州ブルックリンの連邦裁判所は、FBIにギャグ命令を発行し、局に要求に従うよう命じました。文書の要求は、多くの市民の自由グループから来ていたでしょう。

FBIは、人事管理局(OPM)のコンピューターのハッキングの疑いの調査に関与する主要な連邦機関です。

FBIは、要求に応じると述べたが、文書が事件の新しい情報を明らかにすることを否定した。

この要求は、ACLU、電子フロンティア財団、米国市民自由連合、民主主義技術センター、報道自由委員会を含む8つの市民自由グループの連合によって2013年11月に初めて行われました。

数週間前に、米国特許商標庁(USPTO)がどのようにパテントトロールを作成したかについて書きました。彼らは、イノベーターを罰し、彼らが発明を申請することを思いとどまらせる特許システムを作成しました。特許制度は、競争を抑えるように設計されています。そして、トロールはイノベーションをつぶそうとしています。

今日の考察/2021年の千葉県知事選挙 自民が鈴木大地氏の擁立を見送りへ - ライブドアニュース都知事選の一次投票を告示(その3) - Japan Times 共同 都知事選は権力闘争に発展する可能性が高い - Japan Tim...

しかし、特許ポリシーはUSPTO内に「トロールファーム」も作成しました。彼らは、トロールファームを使用して、邪魔になる人を攻撃および攻撃しました。

トロール農場が何を表しているのかを理解するには、特許が付与される方法を検討する必要があります。

まず、2種類の特許があります。最初のタイプの特許は、「既存の先行技術の新しい使用に対して付与される」と呼ばれます。このタイプの特許は、既存の技術の新しい使用を保護しますが、元の元の使用は含まれません。 2番目のタイプの特許は、「従来のプロセスの新しい使用に対して付与された」と呼ばれます。この場合、特許は元のプロセスの新しい使用を対象としています。

新たな用途で特許が授与された場合、必ずしもそれを取得できるとは限りません。政府は、元の技術のすべての使用の「網羅的なリスト」があり、新しい使用が「そのような性質と程度の範囲である場合にのみ、新しい使用のために特許を付与する必要があります。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

国民の労組出身合流慎重派議員が会合(産経新聞) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by CaDs

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です