考察

今日の考察/下地幹郎氏、きょう進退表明 IR疑惑 後援会と意見交換 – 琉球新報 – 沖縄の新聞、地域のニュース

この発表は、三菱商事の米国子会社である味の素株式会社の最高経営責任者によって行われたもので、彼は取引所に承認を与えたと述べた。

交換は2日間で最大50,000円です。 12月1日に開催される予定です。

この発表は、過去数週間で一部の日本の株が強さを示したためです。

日経平均は0.3%上昇して16,035.10で、市場が最近の景気回復に乗り続けたため、1ヶ月で最高の日となりました。日経平均は過去6か月間でそれぞれ3%以上上昇しています。

日経225は、東京証券取引所での早期取引で16,079.50で0.8%上昇しました。

ドルは、外国為替市場で円に対して31ヶ月近くの高値で取引されました。ドルは1.0732ドルで取引されていましたが、円は史上最高の110.24円近くで取引されていました。

円は、2014年3月の消費税増税後、日本の中央銀行が量的緩和の第1段階を開始する水準と見られていた1,050円の水準をはるかに下回っています。円は、日本が国際通貨基金と欧州中央銀行の加盟国だった1980年代に見られた水準を大きく下回っています。

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

ブルームバーグニュースによると、味の素の決定は、他のいくつかの日本企業が外貨準備高を増加させる動きをしているためです。同社は、将来の取引量のニーズを満たすための準備金として合計6.5兆円を確保すると述べている。同社はまた、外貨両替取引のために独自の取引所を開設すると発表した。

同社は、外貨準備を3月31日に終了する現在の会計年度末の翌日にさらに活動的にすると述べた。同社はまた、米国と台湾にもう2つの為替事務所を開設する計画があると述べた。

この動きは、1月に米国で外国為替デスクを開設する予定であると述べた三菱にとっての勝利であり、2月に別の外国人を開くことを計画している三菱UFJフィナンシャルグループの敗北です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

下地幹郎氏、きょう進退表明 IR疑惑 後援会と意見交換 – 琉球新報 – 沖縄の新聞、地域のニュース
ryukyushimpo.jp


Photo by Gunn Shots (On and off these days)

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です