考察

今日の考察/原発稼働に再燃する司法リスク 伊方3号機再び停止へ差し止め仮処分 安定運転・新増設、九州に波及も(産経新聞) – Yahoo!ニュース

2011年5月29日

伊方3号機が日本の原子力発電所で再稼働

2011年5月28日-毎日の読売

福島第一原子力発電所の再起動は、日本政府によって正式に承認されました。

原子力監視機関である原子力緊急事態対策本部が原子炉と格納容器の調査を実施した後、木曜日に3度目の承認が与えられました。

再起動は、将来の事故の可能性を考慮して承認されました。

2011年3月以降停止された原子炉の再起動は、2011年3月11日、地震、津波、および福島第一原子力発電所を不自由にした原子力事故の原因に関する広範な調査の頂点でした。

最新の承認は、事故をきっかけに開催された2日間の会議の後に行われました。

この決定は、ドイツを訪問中の安倍Shin三首相によって行われました。

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

3号機の再起動は「大きな前進」であると、日本原子力研究開発機構の広報担当者は語った。

「これは、原子力に対する国民の信頼を回復するための重要なステップです」とスポークスマンは声明で述べた。

日本では、政府は原子炉の安定運転を求めているが、これはメルトダウンの可能性がないことを意味する。

核危機の真っin中にある国が30年ぶりに初の大統領選挙を行ったため、再開が発表されました。

選挙は、今後数ヶ月に行われると予想されており、議会の承認なしに政府が国の首相と首相を任命することを可能にする新しい法律の下で行われるでしょう。

議論されていたが可決されなかった法律は、現在の議会で承認される予定です。

3号機の再起動は、2011年3月の地震と津波の後にメルトダウンに陥った福島第一原子力発電所の長い一連の後退に続きました。

原子炉から放射線が漏れている可能性があるという繰り返しの報告がありましたが、これらの主張を裏付ける決定的な証拠はありませんでした。

福島第一原子力発電所は、地震と津波によりひどく損傷を受け、ばらばらになって放射性物質を放出しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

原発稼働に再燃する司法リスク 伊方3号機再び停止へ差し止め仮処分 安定運転・新増設、九州に波及も(産経新聞) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by Jim 03

今日の考察/韓国への言及冷淡に? 菅首相演説「未来志向」消える:時事ドットコム韓国への生ぬるい言及? 菅氏の「未来志向」発言が消える 時事ドットコム女性 時事ドットコム女性 菅氏の未来志向のスピーチでは、日中両...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です