考察

今日の考察/【センター試験】英語リスニングで109人が再開テスト 試験中に目覚まし時計も – 産経ニュース

日本自衛隊(JSDF)は現在、新しいK-1A3(2)中距離巡航ミサイルの6か月間の2波リスニングテストを再開する準備をしています。

テストは2016年7月29日に実施される予定です。

JSDFによると、テストは宮城県宮脇市付近で実施される予定です。

テストは約6分間続くと予想されます。

K-1A3は、新しい核弾頭を搭載したK1A1巡航ミサイルの新しいバリアントです。

ミサイルの射程は1,400〜2,400キロメートルです。

K-2中距離弾道ミサイルで発射できます。

画像キャプション新しいシステムは、GPSを使用して空をナビゲートします

イスラエルの会社は、世界の航空会社が目的地により早く到着できるように設計された「空ベースのナビゲーションシステム」を開発する計画を発表しました。

イスラエルの会社、イスラエル航空宇宙産業(IAI)は、このシステムは飛行機、列車、さらにはボートにまでナビゲートできると述べました。

今日の考察/一関で3人の感染確認 新型コロナ、16日発表 | 岩手日報 IWATE NIPPO東京(AsiaNews) - 東京(AsiaNews) - 福井県の一ノ関市でコロナの新種が発見されたと、日本の科学者らが1日発表した。...

システムは衛星からのデータを使用して、飛行機が目的地に移動するのを支援します。

IAIはまた、衛星用の改善されたシステムに取り組んでいると報告されました。

同社は、航空宇宙エンジンの世界第3位のメーカーであるとWebサイトで説明していますが、先週の会議でSkyGPSとして知られるシステムを発表し、基調講演者でもありました。

このシステムが、目的地に到着するまでの時間を短縮することにより、航空会社が乗客をより早く配達するのに役立つことが期待されています。

この技術は、GPSやその他の技術を使用して、その時点でその場所を飛行している飛行機を自動的に検出し、レーザーイメージングなどの技術を使用して飛行機の進路を決定し、目的地に運びます。

操縦席

IAIのWebサイトのブログ投稿で、同社の研究ディレクターであるYair Gilad教授は、このプロジェクトはナビゲーションデバイスの「未来への一歩」であると述べました。

同社は、システムがオンボードGPSを使用して飛行機を追跡し、目的地で検出されない場合は安全な着陸を行えると述べました。

この技術は、衛星が邪魔にならないときに空の飛行機の位置を見つけることもできます。

この技術には、飛行機の速度と高度、さらにその高度を計算する能力があります。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

【センター試験】英語リスニングで109人が再開テスト 試験中に目覚まし時計も – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by flickr4jazz

今日の考察/【国内感染】新型コロナ 累計30万人超える | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース日本では3万人以上が新型コロナに感染している。 致命的な黄熱病ウイルスの新たな発生に直面していると、発生の調査を担当する政府機関が発表...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です