考察

今日の考察/【論点 日米安保改定60年】中国・世界の変容 日米同盟の行方 – 産経ニュース

[問題:日米安全保障改正60年]中国と世界の変容:日米同盟・産経ニュースの未来2015年3月1日(下山純博士)

[問題:日米安全保障改訂60年]中国と世界の変容:日米同盟・産経ニュースの未来2015年4月16日(下山純博士)

[問題:日米安全保障改訂60年]中国と世界の変容:日米同盟産経ニュースの未来2015年5月4日(下山純博士)

米国務省は、ウクライナがクリミア半島の支配権を握った1週間後、ウクライナ東部での「侵略」を非難した。

米国国務省のスポークスマンJen Psakiは、ロシア政府は「他国の内政不干渉の国際的規範を維持できなかった」と述べた。

彼女は、ロシアの行動は「攻撃的な行為」であり、「これに関係する人々の行動は受け入れられない」と述べた。

ホワイトハウスは、バラク・オバマ大統領がウラジミール・プーチン大統領にウクライナの出来事に対する「深い懸念」について話し、米国はロシア軍が現在政府を指揮する領土を確保するためのウクライナ政府の努力に「貢献する」と述べた。キエフで。

中国で話すと、オバマ大統領は、ウクライナに対するロシアの「非挑発的で違法な」軍事行動の正当性はないと述べた。

今日の考察/札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」 - 毎日新聞16:50 UTC. 東京消防庁は、被災地に避難していた人たちの説明を確認しました。 彼らは安全な場所にいて、雨から避難している。 1...

「私たちは、米国がクリミア半島の支配権を掌握するロシア政府の決定に深く関わっていることを明らかにし、ウクライナ政府が公秩序を回復し、ウクライナの法律を守り、守るために可能な限りあらゆることを行うつもりであることを明らかにしましたその主権と領土の完全性」と彼は言った。

しかし、米国国務長官ジョン・ケリーは、ワシントンは米国とそのウクライナの同盟国に対して「ロシア政府の行動にapp然とした」と述べ、ロシアは「国際法に違反し、ウクライナの主権と領土の完全性を攻撃し、違反した」と主張した国際行動規範」。

ケリーは次のように付け加えました。「米国は、ウクライナ、その領土保全、クリミアの人々、および地域全体に対する継続的な侵略に深く懸念しています。

「米国は、私たちがクリミアの併合に反対していることをしばらくの間明確にしてきました。すべてのウクライナ人の権利が完全に尊重されることを保証するために、同盟国およびパートナーと協力し続けます。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

【論点 日米安保改定60年】中国・世界の変容 日米同盟の行方 – 産経ニュース
special.sankei.com


Photo by Vladi.K

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です