考察

今日の考察/コラム:兵士に「スマホ禁止令」、進化する軍事情報戦の脅威 – ロイター

米軍は水曜日に「スマートフォン」または「ポケットに入れられる」ボディアーマーの着用禁止の提案が保留になると声明を発表しました。これは、サービスが新しい脅威のあるより重装甲部隊への移行を準備するためです。 。

「今日、国防総省と陸軍は次世代戦闘車両、または次世代の装甲車両であるTOCVを開発しています」と陸軍の補佐官であるリチャード・コーディ少将は述べました。 「そのプロセスの一環として、陸軍は現在および将来の脅威環境に対処するためのいくつかの運用要件を特定しました。これらの要件を満たすために、陸軍は今後の技術ソリューションが特定されるまで、現在のTOCVの開発とテストを一時停止しますTOCV。」

陸軍の人事総局を通じて発行された声明は、次世代の開発の一環として、陸軍が現在および将来の脅威環境に対処するためのいくつかの運用要件を特定したことを示しました。

「陸軍は現在、敵が敵対的な状況で自分自身をよりよく防衛できるようにする新しいボディアーマー機能を開発しています」と続けました。 「陸軍は、脅威と戦うために必要な歩兵と装甲の両方の能力と、作戦を支援するために必要な機動性を提供するための要件を特定しました。」

変更に伴う声明の中で、陸軍は、2003年に開発されたTOCVの開発を停止するという以前の決定を、敵の攻撃に対するサービスメンバーの脆弱性を低減する動きの例として強調しました。

「この決定は、軍隊が過去に配備されたのと同じ環境で自衛するための最新の装備を部隊に確保するために部分的に行われた」と軍当局者は述べた。 「しかし、この新しい技術には、陸軍が現在および将来の脅威に対処するために必要であると特定した多くの要件があります。」

陸軍は現在、新しいTOCVに取り組んでいます。これは、悪天候を含むすべての条件で完全に運転できる完全自動化車両です。

今日の考察/京都の感染8人、女性会社員ら入院 新型コロナ、23日発表|社会|地域のニュース|京都新聞ナイジェリアで保健ワーカーの間でエボラ感染が2例確認された。 ボスニア ギニアでエボバンの疑いがある2例。 エボラウイルス病(EV...

「陸軍は、陸軍の現在および将来のニーズを満たす新しい技術ソリューションが特定されるまで、TOCVの開発およびテストプロセスを実施しません」と当局者は語った。 「さらに、現在のTOCVに代わる新世代のボディアーマー技術が開発されるまで、陸軍はTOCVの開発とテストを実施しません

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

コラム:兵士に「スマホ禁止令」、進化する軍事情報戦の脅威 – ロイター
jp.reuters.com


Photo by Linda DV (the bad panda is getting on my nerves)

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です