考察

今日の考察/石破氏、「桜触れぬ」首相演説、「私なら違う」 – 産経ニュース

日本の小泉純一郎首相は、イラクに対する武力行使に対するブッシュ大統領の脅威は「完全に間違っている」とは信じていないと述べた。小泉氏は、戦争の率直な反対者であった穏健な共和党員である。 9月29日、彼はブッシュ氏の脅威に問題はないと述べ、「これは慎重さの問題だ」と小泉氏は述べた。「ブッシュ氏のコメントを聞いたことがあります。現実的ですが、私も現実的でなければならず、あきらめないでください」

大統領のコメントは、日本で広範に懐疑的になった。ブッシュ大統領の顧問は、イラクへの侵略は、中東でのテロリスト集団の拡散であると信じているものを止めることであると信じています。しかし、一部の専門家は、核兵器を使用せずにイラクの核施設を攻撃することが可能であると述べています。

火曜日、ブッシュ氏はペンタゴンでの記者会見で、イラクに対する彼の政策について話しました。彼は、米国が隣国を最初に攻撃しない限り、イラクに対する軍事力を使用しないと述べた。

大統領の声明は、以前のコメントからのトーンの変化であり、ブッシュ氏が今彼の心を変えたかどうかは明確ではありませんでした。

東京の当局者は、ブッシュ氏のコメントは、米国が国連への支援を放棄したことを意味するものではなく、国連がイラクを支援しなければ、イラクで戦争が行われないことを意味すると述べた。

ホワイトハウスは、米国が国連の支援なしに戦争が行われないことを明確にしたかったことを明らかにした。

ブッシュ大統領は米国防総省の記者団に対し、「テロとの戦いに関する私たちの政策には国連の支援が必要であり、軍事力を使えるときには軍事力を使うつもりだ」と語った。

今日の考察/ワクチン接種の流れは? 接種後の体調は? 米在住医師らに聞く | 新型コロナウイルス | NHKニュースコロナウイルスワクチン。安全性と有効性 コロナウイルス症とは、人に下痢や吐き気を引き起こす腸内病原体のことです。 コロナウイルスの一...

「軍事力を使用できない場合、外交力を使用して、他国に軍事力を使用せずに立ち上がって支援するよう説得しようとする」と付け加えた。

記者会見は大きな部屋で開催され、ペンタゴンのラジオ局やテレビ局で記者に放送されました。

日本の記者は記者会見のプレビューを与えられ、それはライブで放映されました。

いくつかの日本の新聞は、ブッシュ氏の声明が、米国安全保障理事会がイラクに対する武力行使を許可する決議を通過しない限り、武力を行使する準備ができていないことをワシントンの記者に伝えたとき、彼が月曜日に行ったコメントと矛盾すると述べた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

石破氏、「桜触れぬ」首相演説、「私なら違う」 – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by Helgelandssykehuset

今日の考察/首相、「答弁控える」を封印か 「全集中の呼吸どこに」に「指摘受け止める」 - 毎日新聞モスコフ、1月16日。/TASS/. ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、シリア政府に対し、早期選挙を「できるだけ早く」開催し、シリア国民...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です