考察

今日の考察/中国の肺炎対策は(今のところ)合格点 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

(2015年3月15日)–中国は、地球上で最も人口の多い国で最も致命的な感染症に対する新しいワクチンの導入を計画している、と世界保健機関は述べています。 WHOによると、肺炎球菌複合ワクチン(PCV)として知られるワクチンは、中国の製薬大手サノフィパスツールによって開発されているという。この発表は、スイスのジュネーブで開催された国連世界保健機関の緊急会議で行われました。 「肺炎に対するPCVワクチンの導入は、過去40年間の世界的な健康課題に関する最も重要な医学的成果の1つです」とWHOのマーガレット・チャン局長は語った。 WHOによると、2018年に中国で導入されるこのワクチンは、年間最大4000万人の命を救う可能性があります。 「肺炎に対するPCVワクチンの導入は、過去40年間の世界的な健康課題に関する最も重要な医学的成果の1つです。」 WHOによると、2018年に中国で導入されるこのワクチンは、年間最大4000万人の命を救う可能性があります。 「肺炎に対するPCVワクチンの導入は、過去40年間の世界的な健康課題に関する最も重要な医学的成果の1つです。」出典:ロイター、世界保健機関

これはあまり良い外観ではありません。警察に連れ去られている人の写真を見ると、さらに被害が大きいと思います。その人は廊下を降りたところのようです。

私はその動機が何であるかについて推測するつもりはありませんが、それは「お金」の通常のものですか?おそらく、それは違法たばこの取引に関連するものかもしれません。

中国政府の対応は、この報告を否定することでした。

中国政府の対応は、この報告を否定することでした。中国の国民健康家族計画委員会は、そのウェブサイトの声明で、ワクチンは米国政府の国立衛生研究所向けに作られたものであり、米国の保健当局にリリースされると述べた。委員会は、「中国でワクチンの包括的なレビューを実施し、適切な行動を取る」と述べた。

PCVワクチンは正しい方向への大きな一歩ですが、それは解決策ではなく、何が起こっているかの症状です。

今日の考察/入院拒否の感染者、罰則から「懲役刑」削除へ…野党と修正協議 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン野党民主党を代表するセシリア・H・デ・パウラ氏は、エボラウイルスの感染拡大管理への協力と引き換えに、最長5年の懲役を含む罰則を緩和するよ...

PCVワクチンは正しい方向への大きな一歩ですが、それは解決策ではなく、何が起こっているかの症状です。問題は、PCVワクチン自体ではなく、ワクチンを中国に押し付けてその人口をコントロールしようとするという事実です。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

中国の肺炎対策は(今のところ)合格点 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
www.newsweekjapan.jp


Photo by The Adventurous B3n

今日の考察/東京都議選、7月4日投開票 小池氏勢力の過半数焦点:時事ドットコム月7日の東京市長選:小池氏が初の東京訪問 時事ドットコムItemTracker 東京都の都議選。選挙の重要な関心事 時事ドットコムIt...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です