考察

今日の考察/和歌山市の断水騒ぎ、なぜ起きた? 水道管老朽化、対応遅れる自治体(1/2ページ) – 産経ニュース

水媒介性疾患の最初の報告は、最初の症例が報告された2011年12月に現れ始めました。 2012年末までに、この病気は市中に広がり、全国の13の地域で症例が報告されました。 2014年の初めに、この病気は日本の7つの地域で報告されました。

川崎の公立病院で12人を対象に実施された検査では、ウイルスの遺伝暗号に変異が示されました。さらに、川崎の公立病院で治療を受けていた7人の患者は、この疾患の検査結果が陽性であることがわかった。さらに、陽性結果が得られた5人の患者と同じ公立病院にいた男性が病気にかかっていることがわかりました。報告によると、患者として川崎公立病院にいたすべての人がウイルスにさらされ、病気を発症しました。 2015年末までに、この病気は福岡、山口、金沢、千葉、京都、埼玉、宮崎、福岡県、和歌山市の11都市に広がりました。

しかし、この病気については高い認識があったにもかかわらず、地方自治体はそれに対処するために必要な措置を講じませんでした。地方自治体は行動をとるのが遅く、地方自治体自体はアウトブレイクにさえ気づいていませんでした。言い換えれば、地方自治体は、このような病気に直面して有能な臓器ではありませんでした。地方自治体がすぐに必要な措置を講じていれば、この病気のspread延を防ぐことができました。

この投稿では、地方自治体の対応と、今すべきことに焦点を当てます。

水系疾患に対する地方政府の対応は、下水処理を停止することでした。地方自治体によると、ウイルスは水による下水を通じてのみ感染します。ウイルスがすでに下水道ネットワークに侵入している場合、ウイルスが拡散するのを止めることはできません。地方政府によると、人間から人間への感染のリスクがあるため、彼らは下水処理を中断しなければならなかった。つまり、地方自治体は、これまで大きな問題ではなかったこのような病気が大きな問題になる可能性があることを非常に懸念していました。地方政府にはいくつかの懸念がありましたが、主な懸念は伝播の可能性でした。ウイルスは下水を介して感染する可能性があるため、市内の人々がこの病気に接触して感染する可能性がありました。これは、地方自治体が注意を怠った場合にのみ起こります。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日の考察/国内のコロナ重症者440人、6日連続で最多更新 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン重度のコロナ患者数は日本で6日連続で4449人に急増している。 日本の雑誌「読売新聞」によると、日本では先月12月21日から重度のコロ...

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

和歌山市の断水騒ぎ、なぜ起きた? 水道管老朽化、対応遅れる自治体(1/2ページ) – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by FUNDACION WHY NOT

今日の考察/加藤長官「全く受け入れられない」 中国外相の尖閣「偽装漁船」発言  - 産経ニュース日本が「統合攻撃戦闘機」とF-35爆撃機に参加するために軍用空母を「東シナ海」に派遣したので、緊張は金曜日に島々で高まった。 東シナ海...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です