考察

今日の考察/説明責任はたさぬ日銀・黒田総裁 ただ繰り返す公式答弁:朝日新聞デジタル

「安倍内閣に対する新たな制裁はなく、内閣は政府の構造を変更する計画はない」と黒田晴彦理事長は11月24日に記者団に語った。しかし、日本の学者グループは日銀にさらなる制裁を検討するよう促した。首相の政府は非常に強力であり、「政府をその意志で操作する」ことができると言って、戦った安倍に対して。

東京大学の教授とソルボンヌの教授である学者は、安倍内閣はいわゆる「影の内閣」に変更され、首相が参議院の野党を迂回して安倍内閣を連れてくることができると述べた。全国投票に対する決定。安倍首相は、キャビネットの決定を下す権限を持ちます。

学者のアピールは、安倍首相として、物議を醸す平和主義憲法の廃止のような物議を醸す政策を追求する傾向があり、より効果的な議会の過半数さえ持つ可能性があることを示唆しています。このような動きにより、安倍首相は民主党などの野党を排除し、自国の憲法を変更することができます。

「安倍政権は自らの利益のために操作される可能性があると結論付けることができる」と学者たちは11月24日付の手紙に書いた。つまり、内閣は政府を支配し、政府を意のままに操る可能性を秘めています。」

学者は、安倍内閣は、国の銃法を緩め、アルコールの販売に関する規則を緩めようとする動きを見出しているにもかかわらず、新しい法律を通過していないことに注意する。学者たちはまた、内閣が「慰安婦」問題の廃止や「慰安婦」法案の導入など、人権団体からの批判を受けて廃止された一連の論争の多い法律を既に通過していることにも注目している。他のグループ。

学者はまた、安倍内閣は、裁判官の数の削減や、国会、議会の上院の廃止など、いくつかの重要な法律改正をまだ通過していないと言います。しかし、これが安倍内閣の変化を通過させる努力にどのように影響するかは明らかではありません。

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

「内閣は、「慰安婦」問題の廃止や「慰安婦」法案の導入など、一連の議論のある法律をすでに可決しており、これらの法律は異議を唱えることができると言われている」

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

説明責任はたさぬ日銀・黒田総裁 ただ繰り返す公式答弁:朝日新聞デジタル
www.asahi.com


Photo by World Economic Forum

今日の考察/道内の感染者 6日ぶり20人台|NHK 北海道のニュース2017年8月5日 ゥ 北海道での感染者数は、前年比23%増の1万9841人となったとNHKが1日報じた。 北海道の保健省は先月、英...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です