考察

今日の考察/首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた – 毎日新聞

2011年3月の福島第一原発事故後、日本の野田佳彦首相は、政府に核放射線の問題に取り組む努力を強化するよう命令した。しかし、この動きはまだ効果的ではありません。そのため、多くの人がそれがどれほど効果的かを尋ねています。 4月9日、日本の原子力規制庁(NRA)は、2011年3月11日に原子炉が損傷した福島第一原子力発電所の敷地で初めての放射線測定を実施しました。予想通り非常に低かった。日本の厚生労働省は、放射線レベルが十分に低く、住民にとって「癌の脅威」がなくなったと発表した。しかし、NRAのスポークスマンは、テストがまだ完了しておらず、機関がまだ結果を研究していると付け加えました。 「我々はまだデータを分析しているので、結果と調査結果は詳細な分析の後に発表される」とスポークスマンは言った。土曜日に第1原子炉で大量の放射線が測定されたが、NRAは測定値がそれほど低い理由を特定しなかった。当局は、福島県にある工場の放射線レベルは、過去数回測定された放射線レベルの「安全な」限度内にとどまっていると述べた。 NRAは、放射性物質が原子炉の冷却に使用される水の中を循環していることを報告しています。この物質は、事故以来その地域で検出されており、一般に報告されています。当局は、状況の監視を継続すると述べた。核監視団は、第1原子炉からの放射性水が海洋に放出されている可能性を調査し続けており、水が放射性物質で汚染されているかどうかを判断するための試験を実施していると述べた。 「私たちは、No.1原子炉の冷却に使用される水中に放射性物質が存在するかどうかを判断するために必要な措置を講じています」とNRAは述べています。 「放射性物質の漏出により放射性物質が海に入った可能性があるかどうかを確認するためのテストも行っています。」原子力監視員は、放射性水が海洋に放出されたのか、貯蔵タンクに貯蔵されたのかは明確ではなかったが、地域の安全を確保するために「必要な措置」を講じていると述べた。同国の原子力監視機関は、事故以来、第1原子炉からの水の監視を行ってきました。 「私たちは状況を監視し続けています」と原子力規制当局のスポークスマンは言った。 「水が清潔で安定した状態に保たれていることを確認しています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by www.johnhunter2008.jalbum.net

今日の考察/社民、分裂へ 立憲合流で離党容認:時事ドットコム憲兵隊、与党連合の分裂にもかかわらず結束を急ぐ 共同 角栄。 首相が提案した内閣案を支持しない 毎日新聞 安倍首相、月曜に新内閣案を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です