考察

今日の考察/東芝機械に敵対的TOBの村上世彰氏、狙いを独占告白:日経ビジネス電子版

以下のテキストは、日本の雑誌Toshiba Business Electronic Editionの2011年8月27日号の8ページに掲載されたオリジナルの日本語記事の翻訳および解説です。

村上氏の記事によると、「実際に仕事を余儀なくされた労働者の数は、法律で言及されている数の少なくとも10倍です」。この記事の翻訳をここで共有することにしました。これにより、潜在的な雇用主と将来の従業員が見つけられるようになります。

村上氏は、「日本の反労働法」を「これまでに制定された最も厳しい労働法。公共サービス部門の150万人以上の従業員の仕事に罰則を科す」と述べています。この記事はまた、この法律の下で「強制労働」について少なくとも10,000件の訴追があったことを示唆しています。

村上氏は、法律の第9条に言及しています。

第9条(a)雇用関係にある立場にあり、その結果、そうでなければ強制された仕事を行うことを余儀なくされ、その人が彼を取得していない場合、その人は強制労働の罪を犯します強制労働を防止または終了する補償権またはその他の法的権利。 (b)強制労働を防止または終了する補償およびその他の法的権利は、すべての強制労働の場合に行使されます。強制労働が自分の従業員のいずれかによって行われた場合、雇用主はこの条項に基づいて従業員に責任を負います。 (c)雇用主が強制労働に反対する方針を持っている場合、雇用主はこの方針の存在を被害者に通知しなければなりません。第9条(d)雇用主による本条項の違反の場合、被害者は強制労働を防止または終了するための補償およびその他の法的権利を得る権利を有します。

村上氏が指摘しているように、この記事は第9条に違反した従業員に対する「刑事罰」についても説明しています。

村上氏が言う「刑事罰」は次のとおりです。

今日の考察/熊本県 蒲島知事 治水対策転換 新たなダム建設を国に求める | 気象 | NHKニュース午後5時30分:"入れない方の避難命令が出ています" (テレビの映像) 午後5時27分:鶴岡地区民防事務所の職員がテレビ朝日に、避難所...

第9条(a)本条に違反した者は、100万円(約12,000米ドル)を超えない罰金の対象となります。 (b)武力または武力の脅迫により本条に違反した者は、10年以下の懲役に服するものとする。 (c)武力の脅迫によりこの条項に違反した者は、5年以下の懲役に処せられる。 (d)暴力の使用により本条に違反する者は、2年以下の懲役を宣告されるものとする

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

東芝機械に敵対的TOBの村上世彰氏、狙いを独占告白:日経ビジネス電子版
business.nikkei.com


Photo by calafellvalo

今日の考察/【動画解説】新型コロナ 会食の感染リスク 実際の事例では | 新型コロナ 生活情報 | NHKニュース2008年4月、国立食品・栄養科学研究会議発行。 PDF(942KB このレポートは無料でダウンロードできます。 食事時の感染リス...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です